最新記事

映画

ビジネスに風穴開ける革命児? ワガママな傲慢野郎? 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」試写会ご招待

2017年6月6日(火)00時00分

(c) 2016 Speedee Distribution, LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

<ミキサーのセールスマンとしてさえない人生の折り返し地点を過ぎてい男が、ある日2人の兄弟が経営するハンバーガー店に出会う......。世界最大のファストフードチェーンを作り、多くの企業家に多大な影響を与えた男レイ・クロックの生涯を描く話題作の映画が公開される>

世界最大級のファーストフードチェーンとしての"マクドナルド"を作り上げ、日本の孫正義、柳井正など多くの企業家に今なお絶大な影響を与えているレイ・クロック。手段を選ばずのし上がった彼は英雄なのか。それとも、欲望を満たす為にすべてを飲み込む冷酷な怪物なのか。

今回、本作品のニューズウィーク日本版特別試写会を7月13日に開催、読者の方150組300名様をご招待します。

誰もが知っている"マクドナルド"の誰も知らなかった誕生の秘密!

[ストーリー]1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、8台ものオーダーを入れたドライブインレストランに向かうと、そこはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店〈マクドナルド〉だった。革新的なシステムに勝機を見出したレイは、兄弟を説得して契約を交わす。急速にフランチャイズビジネスが成長する中、利益を追求するレイと、品質を重んじる兄弟との関係は急速に悪化していくが......。


カリスマか、とんでも野郎か? レイ・クロックは地方のハンバーガーショップをアメリカを代表する企業へと変質させるが......

[監督]:ジョン・リー・ハンコック
[脚本]:ロバート・シーゲル(『レスラー』)
[出演]マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン、パトリック・ウィルソン、B・J・ノヴァク、リンダ・カーデリーニ、ほか
[配給]KADOKAWA
【オフィシャルサイト】thefounder.jp
7月29日(土) 角川シネマ有楽町、角川シネマ新宿、渋谷シネパレスほか全国ロードショー


『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』試写会
日時:2017年7月13日(木)18:30開場/19:00開映(上映時間:115分)
会場:角川シネマ新宿 東京都新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル

応募締切:2017年6月28日(水)12:00



submit.png





※当選の発表は試写状の発送をもって代えさせていただきます

ニュース速報

ビジネス

「現地現物」で再発防止、安心・安全確保を=神鋼不正

ビジネス

トランプ氏、次期FRB議長人事は「間もなく決断」

ビジネス

人口・企業減下の金融機関の競争激化、経営不安定化の

ワールド

APECでの米ロ首脳会談、現時点で予定されず=ロシ

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・後編)

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 9

    衆院選、自公が300議席超えか 希望は伸び悩み・立憲…

  • 10

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月