最新記事

パロディ

スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トランプの正体──SNL

Scarlett Johansson Just Gave Ivanka Trump the Perfume Ad She Deserves

2017年3月13日(月)16時59分
マシュー・ディーサム

体当たりの演技? イバンカ・トランプになりきったスカーレット・ヨハンソン Courtesy of NBC / Footwear News

<父トランプの暴走を止めそうで止めないイバンカ・トランプの正体を、スカーレット・ヨハンソンが演じきった>

ドナルド・トランプ米大統領がこれまで徹底的にネタにされたのに対し、比較的、餌食にされずにすんできたのが長女のイバンカ・トランプ。だが先週末の「サタデー・ナイト・ライブ(SNL)」は遂に、イバンカの本性を暴いて見せた。

【参考記事】有名俳優が「モノマネはもう辞める」と言った理由
【参考記事】ブチ切れトランプが復活? コメディ番組のモノマネに激怒

イバンカを演じるのは、イバンカのおちょぼ口をまねた女優のスカーレット・ヨハンソン。虚栄と富に満ちたけばけばしい社交界をすりぬけていくイバンカ。ナレーションがその後を追う。「彼女は自分が求めるものを知っている。自分が何をしているか知っている」。その言葉は、自立した女性に対する賛辞のようであると同時に、心神喪失を口実に罪を免れようとする被告を糾弾する検事のようでもある。イバンカ、父親の暴走を止めると言ったのに、あなたが頼りだったのに、なぜ黙って見ていたの?

動画のイバンカそっくりの薄笑いを浮かべたヨハンソンはこう言っているようだ。「私は悪くない、パパを愛し過ぎていただけ、何とか良いことをさせようとしたけど、こんなひどいことになるとは思わなかった、ところで、『イバンカ・トランプ』の新作はもうご覧になった?」

【参考記事】サタデー・ナイト・ライブに「スパイサー報道官」が笑劇デビュー!

そこに、エレガントな香水の瓶が表われる。香水の名は、「共謀者(Complicit)」──。

優等生を演じるイバンカに騙されないよう、いつも見返しておくべき動画だ。


© 2017, Slate

ニュース速報

ワールド

米南軍モニュメント、国民の過半数が存続支持=ロイタ

ビジネス

香港勢がロンドン商業不動産に積極投資、政治的理由な

ワールド

米韓合同演習始まる、北朝鮮「核戦争への準備」

ビジネス

正午のドル/円底堅い、国内勢の買いが支え リスク警

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 4

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 5

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!---…

  • 6

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 7

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 8

    自動車軽量化へ「木」に脚光 鉄の5倍強い新素材CNF…

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 10

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 5

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 8

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 9

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月