最新記事

コメディ

有名俳優が「モノマネはもう辞める」と言った理由

2017年3月8日(水)21時08分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

CNN-YouTubeより

<人気コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」で大ウケだったトランプ大統領のモノマネを、アレック・ボールドウィンが突然「もう辞める」と発言。いまこそ稼ぎ時に思えるが......>

アメリカで人気のドナルド・トランプが(もう1人)いる。米NBCのコメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ(SNL)」で、俳優でありコメディアンのアレック・ボールドウィンが扮するトランプだ。

毎週土曜日の深夜に放送されるSNLで、ボールドウィンがトランプのモノマネを始めたのは大統領選の最中から。たちまち話題を呼び、トランプ自身が何度もツイッターで批判し、視聴率も上がった。アトランティック誌は「この15年間にSNLが放送したなかで最も重大な大統領のモノマネ」と称賛する。

【参考記事】ブチ切れトランプが復活? コメディ番組のモノマネに激怒

政治風刺や時事ネタのパロディを特徴とするSNLは、不定期に出演者が入れ替わる長寿コメディ番組だが、ボールドウィンはいまやホストとして歴代最多の出演回数。トランプが大統領就任後、さらに次々と"ネタ"を提供し続けるなか、さぞかし仕事がしやすかろうと思いきや......。

「もう辞める」というのだ。さては政治的な圧力でもあったのか?

そうではない。

「この政権の悪意の強さが人々を不安にさせる......だからもう、これ以上モノマネをやるつもりはない。いま以上にウケるかどうかわからない」と、ボールドウィンはテレビ番組「エクストラ」のインタビューで語った。

「トランプにはスポーツマン精神が圧倒的に欠けている」とボールドウィン。「冷酷で、怒りっぽいのは変わらないし、顔を合わせたら『お前の勝ちだよ』と言って逃げ出してしまいたくなるようなタイプだ」

スレートはトランプを風刺する難しさについてこう書く。「ボールドウィンのモノマネは、不誠実でおどけた、異常なほど自分のことで頭が一杯の男として描写するものだが――必ずしも現実と異なるとはいえない」

SNLには現在、ケイト・マッキノン演じるジェフ・セッションズ司法長官、メリッサ・マッカーシー演じるショーン・スパイサー報道官など、大ウケしたモノマネが他にもあるが、ボールドウィンがいなくなれば大きな痛手だろう。アトランティックによれば、彼のモノマネは「間違いなく、視聴者が番組を観る最大の理由だ」。

【参考記事】サタデー・ナイト・ライブに「スパイサー報道官」が笑劇デビュー!

4月29日には、毎年恒例のホワイトハウス特派員協会主催のチャリティーディナーが行われる。ここ数年はコメディアンがホストを務め、大統領も出席してジョークを披露するのが慣例になっているが、トランプは欠席を表明している。エクストラのインタビューで、代わりにモノマネで出席してはどうかと尋ねられたボールドウィンはこう答えた。

「求められたらたぶんやると思うが、協会が頼んでくるとは思えない」

ホストを務めるのと、大統領として出席するのでは大違い。さすがにその可能性は低そうだが、もし"ボールドウィン大統領"が登場すれば、SNLとは比べものにならないほどの視聴率を獲得できるのではないだろうか。

ニュース速報

ビジネス

「現地現物」で再発防止、安心・安全確保を=神鋼不正

ビジネス

トランプ氏、次期FRB議長人事は「間もなく決断」

ビジネス

人口・企業減下の金融機関の競争激化、経営不安定化の

ワールド

APECでの米ロ首脳会談、現時点で予定されず=ロシ

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・後編)

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 9

    衆院選、自公が300議席超えか 希望は伸び悩み・立憲…

  • 10

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月