最新記事

ネット

ネットでコンテンツの消費はするが、発信はほとんどしない日本の子どもたち

2017年2月22日(水)16時40分
舞田敏彦(教育社会学者)

日本の子どもたちはスマホを利用することはできるがコンテンツ発信は苦手 GeorgeRudy-iStock.

<音楽や動画などのデジタルコンテンツを発信する生徒の割合で、日本はOECD加盟国中なんと最下位。ネット利用はコンテンツ消費だけで、デジタル機器を使った創作活動はほとんど行わない>

インターネットやデジタル機器が世界中に普及した現在、誰でもネット上で自分の創作物を発信し、それを見聞きした人からフィードバックを得ることができる。

単純労働によってモノを大量生産することが主流だった時代は終わり、21世紀の世界では斬新なイノベーションが求められている。子どもの時期からネットを活用して、自分の創作物を世に問う経験を持つことはとても重要だ。

OECDの国際学力調査「PISA 2015」では、15歳の生徒に「学校外において、デジタル機器を使って、自分の創作物(created contents for sharing)をネットにアップするか」と質問している。創作物の例として調査票では、音楽、詩、動画、コンピューター・プログラムなどが示されている。

【参考記事】世界トップの教育水準を労働生産性に転換できない日本の課題

回答の選択肢は、(1)全く・ほとんどしない、(2)月に1・2回、(3)週に1・2回、(4)ほとんど毎日、(5)毎日。(3)~(5)を「週1回以上」にまとめて、3つのカテゴリーの回答分布を国ごとにみると、<図1>のようになる。

maita170222-chart0102.jpg

「週1回以上」の比率が高い順に46カ国を並べたが、日本はわずか11.4%で最下位。日本の青少年は、ネットで創作物を発信する頻度が世界で最も少ない。全体の8割が、全くないしはほとんどそれをしていない。彼らはよくスマホを眺めているが、情報を受け取るばかりで、自分から創作して発信する姿勢には欠けているようだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国の反「ゼロコロナ」デモに連帯、東京など海外12

ビジネス

ECB総裁、一段の追加利上げ示唆 ユーロ圏インフレ

ビジネス

イケア、一段の値下げ視野に 投入コスト上昇緩和で=

ビジネス

暗号資産レンディングの米ブロックファイ、破産法の適

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 7

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月