最新記事

アート

変革はいかに受容されたか? 「日本におけるキュビスム」展はまるで推理小説

2017年1月18日(水)19時41分
坂本裕子 ※Pen Onlineより転載

「我が国最初のキュビスト」として取り上げられる東郷。しかし、パリ留学を果たした彼の作品には、未来派のイメージも色濃く混在しています。 東郷青児 《帽子をかむった男(歩く女)》 1922年 名古屋市美術館

 1907年のピカソの《アビニョンの娘たち》がその誕生とされるキュビスムは、20世紀以降の美術にとって、あまりにも圧倒的な変革を起こしたアートでした。以後、どんな芸術もこの影響を無視しては語りえないとも言われています。

(参考記事:現代アートが彩る道後温泉で、山口晃の手がけた客室に泊まりませんか?

 それほどの大きなムーヴメントは、当然、大正から昭和初期にかけて日本にももたらされます。しかし、同時期に入ってきたフォーヴィスムやシュルレアリスムに比べると、アーティストたちは実験的な創作の後、足早に立ち去り、深められることがありませんでした。
 ところが時を隔てた戦後、1950年代前半に、リバイバルともいえるキュビスム・ブームが見られます。きっかけは、1951年に東京と大阪で開催されたピカソの展覧会でした。洋画のみならず、日本画から彫刻、工芸にまで及んだその影響は、有名・無名を問わず、多くのアーティストの作品に、個々の表現の形を取りながら、活かされていったのです。

newsweek_20170118205914.jpg

日本におけるキュビスムの記念的作品とされる裸婦像。故郷岩手での孤独な探求の中で彼なりのキュビスムに昇華された作品は、大胆なデフォルメ、配色ともに圧倒的な勢いです。萬鐵五郎 《もたれて立つ人》 1917年 東京国立近代美術館

newsweek_20170118205859.jpg

1920年代にドイツでバウハウスの研究を行った仲田の彫刻は、ザッキンやアーキペンコを彷彿とさせます。見る角度でさまざまな貌が浮かび上がり、そこに埋め込まれた数字をつい探してしまいます。 仲田定之助《首》 1924年 東京国立近代美術館


(参考記事:1970年のTOKYOから、熱風が吹いてくる。

 埼玉県立近代美術館では、この二度のキュビスムのムーヴメントを、それぞれ別の文脈でアーティストたちが受容していったという仮説に基づいた、大胆かつ細やかなセレクトで、日本でのキュビスムのかたちを再見する展覧会が開催されています。

 だから展覧会名は、「日本のキュビスム」ではなくて「日本におけるキュビスム」。そして、サブタイトルは「ピカソ・インパクト」。
 世界的にも特異な受け入れられ方をした日本におけるキュビスムの姿は、その理論よりも表現の手法として受け入れられたという文脈でたどったとき、ピカソの衝撃の大きさが見えてくる...。

 ピカソとブラックの作品をはさみ、戦前と戦後のふたつのムーヴメントを振り返る会場は、日本のキュビスムの代表とされる萬鐵五郎や東郷青児をはじめ、独自のキュビスムを追求し続けたただひとりと言える坂田一男から、あまりキュビスムとは結びつけられない堂本尚郎や河原温といった画家たちまで、西洋から遠く離れた日本で、キュビスムが、いかに時系列を無視して同時に入ってきた他の美術動向と融合しているかを感じさせます。

 なぜそのまま定着しなかったのか? どんなかたちでその影響が探れるか? 日本におけるキュビスムとはなんなのか? 問いかけに満ちた空間に並ぶ作品たちは、まるでミステリを読み解くためのヒントのようで、スリリングなアート鑑賞を楽しめます。


newsweek_20170118_204404.jpg

踊るように戯れるカップルは視点を変えると読書する大きな顔に...。戦前からピカソに衝撃を受けていた岡本は、彼を乗り越えなければならないと説いていました。 岡本太郎 《まひるの顔》 1948年 川崎市岡本太郎美術館 公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団


newsweek_20170118_204419.jpg

闇に蠢く裸体はいずれも頭部がありません。戦火にほとんどの作品を失った鶴岡が戦後の虚脱感と向き合い、人間性を取り戻していく時代のもの。互いを踏みつけ、絡み合う四肢の表現にピカソの《ゲルニカ》の表現が重なります。 鶴岡政男 《夜の群像》1949年 群馬県立近代美術館


newsweek_20170118205832.jpg

1952年に京都から上京した吉仲は、河原温や岡本太郎とともに、美術界に新しい機軸を打ち立てるべく活動していました。その意気込みを感じるにぎやかな画面はどこかレジェ風です。 吉仲太造 《生きもの H》 1955年 板橋区立美術館




「日本におけるキュビスム ピカソ・インパクト」

~2017年1月29日(日)
開催場所:埼玉県立近代美術館
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
開館時間:10時~17時30分 入館は閉館30分前まで
休館日: 毎週月曜日(1/9は開館)、年末年始(2016年12月26日~2017年1月3日)
TEL:048-824-0111
観覧料:¥1,100(併せてMOMASコレクションも観覧可能)

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/


※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

Penonline_logo200.jpg





ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 3

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観光客

  • 4

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 3

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 8

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 9

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 10

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 8

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 9

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月