最新記事

自動車

トランプ対応の米国投資発表相次ぐ デトロイトショーで自動車業界幹部

2017年1月10日(火)10時45分

1月9日、デトロイトで開かれた北米国際自動車ショーでは世界の自動車業界幹部が、メキシコに工場を建設する各社の動きを批判しているトランプ次期米大統領の意向を意識して、米国へ投資する自社の方針を相次いで強調した。写真はフィアット・クライスラーの車(2017年 ロイター/Mark Blinch)

 デトロイトで開かれた北米国際自動車ショーでは世界の自動車業界幹部が、メキシコに工場を建設する各社の動きを批判しているトランプ次期米大統領の意向を意識して、米国へ投資する自社の方針を相次いで強調した。

 フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のマルキオーネ最高経営責任者(CEO)は9日、トランプ氏の通商政策と税制政策を巡る不確実性が対メキシコ投資の遅れに結び付く可能性があると指摘。同社の米国内工場で2000人の雇用を創出する計画を明確に示した。

 マルキオーネ氏は「メキシコの自動車業界は長年、米国市場向けに生産体制を整えて対応してきたのが実態。仮に米国市場がなくなれば、その存在理由は風前の灯だ」と述べた。

 FCAは8日、ミシガン州とオハイオ州の2工場に10億ドルを投じて設備の最新化を図ると発表。「ジープ」ブランドのスポーツ多目的車(SUV)を生産するほか、「ラム」ブランドの大型ピックアップトラックの生産をメキシコからミシガン州に移す可能性がある。

 またフォード・モーターは9日、SUV「ブロンコ」とミッドサイズ・ピックアップトラック「レンジャー」を米市場に再投入する計画を明らかにした。同社は先週、メキシコに16億ドルを投じて工場を建設する計画を撤回している。

 フォードやFCAなどの幹部はインタビューでは、自社の投資判断はビジネス面で検討した結果であり、トランプ氏の発言によって動いたわけではないと話している。

 トランプ氏は9日、ツイッターでフォードとFCAの発表を称賛。「ついに事態は動き始めた。FCAはミシガン、オハイオ両州に10億ドルを投じ、2000人の雇用を創出する計画を発表した」とつぶやいた。その後のツイッターでは「フォードも先週、メキシコに10億ドル規模の工場を建設する代わりに、 ミシガン州および米国内で拡大していく計画を発表した。フォードとフィアット(・クライスラー)に感謝の意を表する」とした。

ニュース速報

ビジネス

トランプ氏、次期FRB議長人事は「間もなく決断」

ビジネス

人口・企業減下の金融機関の競争激化、経営不安定化の

ワールド

APECでの米ロ首脳会談、現時点で予定されず=ロシ

ビジネス

外貨建て債券5割増、海外クレジットも積み増し=朝日

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・後編)

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 9

    衆院選、自公が300議席超えか 希望は伸び悩み・立憲…

  • 10

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月