最新記事

米大統領

【動画】「トランプはわたしの大統領ではない」全米各地で抗議デモ

2016年11月10日(木)17時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Stephen Lam-REUTERS

<トランプ勝利の選挙結果に反発して全米各地の都市で抗議デモが起こり、数万人規模の人々が街頭で「反トランプ」を叫んだ。また大学や高校では予定していた試験を延期するなど、動揺する少数派学生への配慮を見せている>(写真:サンフランシスコの抗議デモで「わたしの大統領ではない」のサインを掲げる参加者)

 米大統領選でドナルド・トランプ候補が勝利し、次期大統領になることが決まった9日。全米の少なくとも9つの都市で選挙結果に抗議するデモが起こり、数万人規模の人々が街頭に出て「反トランプ」を叫んだ。

 USAトゥデ―などの現地報道によると、トランプ勝利に反発する抗議デモが起きたのは、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、フィラデルフィア、ボストン、ワシントン、ポートランド(オレゴン州)、セントポール(ミネソタ州)など全米各地の都市。

 このうちシアトルでは、およそ2000人が街頭に出てデモ行進し、「Not My President(わたしの大統領ではない)」「No Racist USA(アメリカを人種差別の国にするな)」と、口々に怒りをぶちまけた。シアトル警察によると、デモの現場近くで銃の発砲があり、デモとの関連を警察で捜査している。

 またワシントンでも、人々が街頭で「Nasty Women Fight Back(イヤな女たちは反撃する)」とか「White Males for Equality for All(白人男性はすべての人々の平等を支持する)」といった掛け声と共にデモ行進した。ワシントンでは、2つのデモ隊が街の中心部にある「トランプ・インターナショナル・ホテル」の前で合流して大きな群衆となり、「Impeach Donald Trump(ドナルド・トランプを弾劾せよ)」と叫んでいた。

(ワシントンのトランプホテル前に集まった群衆)


 こうしたデモに参加した人たちは、選挙結果が覆らないことは理解しているものの、それでも今後の展開には影響を与えることができると考えているようだ。ニューヨークのデモに参加した22歳のニューヨーク大学の男子学生は、「最後には弾劾のチャンスがあると思う。これから8年、トランプに大統領をやらせることはできない」と、話していた。

(マンハッタンのユニオンスクエア周辺で行われた抗議デモ)


 また全米各地の大学や高校では、選挙結果に動揺する教員や学生に配慮して、予定していた試験の実施を延期したり少数派の学生のためのシェルターを開設したりしている。

 バーモント大学のトム・サリバン学長は大学関係者に送ったメールの中で、「今は多くの同僚や学生にとって試練の時だ。選挙結果を受けて、多くの人々が孤立を感じたり、これからの生活に不安を抱いたりしている」というメッセージを送った。

(カリフォルニア州オークランドの抗議デモでは放火騒ぎも)

ニュース速報

ビジネス

焦点:タカタ再建、不安残る事故再発防止策 製品交換

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 6

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 7

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月