最新記事

人権問題

豪元判事から政府へ「難民1人の受け入れと交換で自分が収容所に入る」

This 88-Year-Old Retired Australian Judge Wants to Trade Places with a Refugee

2016年9月2日(金)16時00分
シボーン・オグレイディ

David Gray-REUTERS

<難民申請者を国外の離島の収容所に隔離するオーストラリア政府に対する批判が高まっている。心を痛めた高齢の元判事は、自分が収容所に入る代わりに難民1人を受け入れる「身柄交換」を申し出た>(写真はシドニーで行われた難民政策に対する抗議デモ)

 オーストラリアの元判事ジム・マッケン(88)は輝かしい人生を送ってきた。法廷弁護士や労働裁判所の所長を歴任し、2003年にはオーストラリアの勲章を授与されている。

 そのマッケンが今、自分の国籍まで放棄して、オーストラリアから遠く離れた劣悪な環境の難民収容所に移住することを決意した。しかしそれには条件がある。自分の身代わりに難民1人をオーストラリアに受け入れることだ。

「1人の難民がオーストラリアに受け入れられ、生活できる機会を与えられるなら、身代わりになる」と、今週マッケンは英ガーディアン紙に語った。

 マッケンはピーター・ダットン移民・国境警備相に送った手紙で、この身柄交換を提案した。

【参考記事】希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

 オーストラリアでは、難民認定を求めて海から入国しようとした移民や難民を、本土から遠く離れた南太平洋の島国ナウルやパプアニューギニア・マヌス島の収容所に送っている。

 難民はここで数カ月から数年間待たされるが、英紙ガーディアンは先月、内部資料をもとに、収容所で人権侵害や性的虐待が横行し、難民の自傷行為も起きていることを告発した。報道を受け、オーストラリア政府は国際的な批判に晒されている。

【参考記事】オーストラリアの難民虐待に学びたい?デンマークから視察団

 収容所には定員を超えた難民が詰め込まれ、オーストラリア政府の監視は行き届いておらず、結果として、オーストラリアへ逃れようと命がけで海を渡ってきた人々が危険な状況下に置かれている。

【参考記事】難民収容所で問われるオーストラリアの人権感覚

「このような提案が普通ではないことはよくわかっている。しかし私はまったく真剣だ」と、マッケンは手紙で述べる。「難民の身代わりとして、晩年をマヌスやナウルで過ごすのは名誉なことだと考える」

 今回の申し出はマッケンの人柄を反映しているようだ。シドニー郊外ピットウォーターの地元情報サイトは2014年に、マッケンを「まるでわんぱく小僧のようで、心の底から寛大、そして極めて誠実な人物」と紹介している。

 マッケンが担当大臣に手紙を送ったのは先月だが、まだ返事は受け取っていない。

From Foreign Policy Magazine

ニュース速報

ワールド

特別リポート:NYに潜む危険な鉛汚染、子ども540

ワールド

焦点:北朝鮮の金正恩指導部に亀裂か、最側近の軍司令

ビジネス

「近い将来」に利上げ正当化される可能性=米FOMC

ビジネス

米国株が薄商いの中ほぼ横ばい、ネット中立性原則撤廃

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視の交配の犠牲に

  • 3

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 6

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 7

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 8

    犬も鬱で死ぬ 捨てられたショックで心は修復不可能に

  • 9

    もう体に合わないことはない! ZOZO、採寸用ボディ…

  • 10

    韓国でスープになる直前の犬を救出 ベトナムでは犬…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 10

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月