最新記事

人権問題

難民収容所で問われるオーストラリアの人権感覚

How One Wrong Word Made Australia’s Migration Agency Look Like Holocaust Deniers

ボートピープルの収容施設はナチスドイツ並み?劣悪な環境で精神を病む難民が出ているとの報告も

2016年3月18日(金)17時00分
アリソン・ジャクソン

ナチス並み? ナウルの移民収容所で起きている「児童虐待」を移民局に訴えるデモ(シドニー) Jarni BlakkarlyーREUTERS

 難民認定を求めて海を渡ってくるボートピープルの密航に悩まされるオーストラリア。最近は国内からのこんな批判にもさらされている。難民申請者は強制収容所に送られて拷問を受ける──こうした非難に対して、当局が示した強気の反論が思わぬ方向で炎上している。

 議論の発端はオーストラリアがナウルなど第三国に設置した難民収容所。入国しようとする外国人の一時移送先であるこの施設の環境をめぐって、「扇情的な言い掛かり」がつけられている......。「不正確」な「嘘」に対して、マイケル・ペズーロ移民局長が「事実関係を正す」として出した声明が逆に火に油を注いでしまった。

【参考記事】オーストラリア「招かれざる客」を追い払え!

「難民収容所を『強制収容所』に例える主張がある。ナチスドイツであったとされる(ユダヤ人の)強制収容に対する一般市民の感覚の麻痺や無関心を示唆し、収容施設が『拷問』の場だとにおわせる主張だ。こうした主張は極めて不快で根拠がなく、明らかな誤りだ」

 移民局のウェブサイトに掲載されたこの声明が強烈な批判を巻き起こした。ナチスドイツで「あったとされる」という表現がナチスによる残虐行為を事実と認めていないというのだ。

【参考記事】「ナチス的」移民法は誰のせいなのか

 ツイッターでも当局への批判の声が噴出。「移民局に助言しよう。ナチスドイツという言葉の隣に『......とされる』を付けるのは不適切」「ホロコースト(大量虐殺)が『あったとされる』なんて、移民局はナチスの擁護者だ」。こうした投稿が相次ぎ、移民局は否定と釈明に追い込まれた。

収容所批判で刑事訴追?

 当局が強硬な反論を行った背景には、難民収容所をめぐる政府の決定に対する反発がある。乳児を含む難民申請者200人以上を太平洋の島国ナウルの難民収容所に送るというものだ。ペズーロは「子供を危険な場所に送ることは決してない」と主張。

 だが移民局の医療顧問は2月、収容所生活によって子供の精神面に「有害な」影響がもたらされると上院公聴会で証言している。

 オーストラリアはナウル島とパプアニューギニアのマヌス島に難民収容所を設置しているが、既に劣悪な環境で収容者が精神を病んでいるとの報告もある。

【参考記事】外国人に優しくない国ワースト5

 国連は収容者が過酷で非人道的な環境にあると指摘。オーストラリアの政治家からも、ナウルの収容所の環境は難民申請者にとって「適切でも安全でもない」との声も上がっている。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、秋の共産党大会前に追加引き締め行わず=

ワールド

NATO加盟の欧州諸国とカナダ、2017年防衛費を

ビジネス

中短期国債の「流動性供給」増額案、財務省がPD懇で

ビジネス

6月の英住宅価格+1.1%、4カ月ぶり上昇=ネーシ

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 5

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船が…

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 8

    ベンチャーの未来は起業しない起業へ

  • 9

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月