最新記事

トルコ

ドイツ議会がアルメニア人「虐殺」を認定、の意味

With Germany’s Armenian Genocide Vote, Has Turkey Lost Its Only Friend in Europe?

2016年6月3日(金)17時30分
シボーン・オグレイディ

REUTERS

<ドイツ連邦議会が1915年のアルメニア人迫害を「オスマン・トルコによるアルメニア人虐殺」だったと認定したことで、トルコ政府は激怒している。将来のEU加盟をにらみ、難民問題の解消でも協力してきたドイツだからこそ尚更だ。両国関係、ひいては欧州情勢にも影響を与えるだろう> 写真は、「虐殺」認定に感謝するアルメニア系ドイツ人

 トルコにとって、外国と揉めてばかりの1年だった。アメリカ政府はISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)掃討作戦の一環で、シリアのクルド人武装勢力と手を組んだ。彼らはトルコでテロを行っている勢力だ、と主張してきたトルコは激怒した。ロシアとの関係は、領空を侵犯したロシアの戦闘機を撃ち落とした昨年11月以降一気に冷え込んだ。さらにドイツのテレビで笑い者にされたと感じたレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は、ドイツ人コメディアンのヤン・ベーマーマンを告訴した。

【参考記事】トルコから名誉棄損罪で訴えられてわかったドイツの人権レベルの低さ

 そこへ再び衝撃が襲った。ドイツ連邦議会は2日、オスマン・トルコによる1915年のアルメニア人迫害を「ジェノサイド(虐殺)」だと圧倒的多数で認定した。エルドアン政権が何としてでも防ごうとしていた事態だ。

欧州の歴史問題

 第1次大戦では最大150万人のアルメニア人が犠牲になった。この数字は実際より水増しされており、彼らは主として内戦の犠牲者だというのが、トルコの主張だ。

【参考記事】オスマン・トルコで起きたアルメニア人虐殺とディアスポラ(離散)の過酷

 トルコ政府は直ちにベルリンから大使を召還。エルドアンは、この虐殺認定はトルコとドイツの関係に「深刻な影響」を及ぼすと語った。メブリュト・チャブシオール外相は、ナチスを連想させるようなツイートを投稿した。「他国の歴史に泥を塗っても、自国の歴史の暗部を消し去れるわけではない」
 
 トルコとドイツの関係は不安定な時期にある。EU(欧州連合)は今年3月に難民流入抑制策でトルコと合意した。欧州の難民をトルコが受け入れる代わり、トルコ人がビザなしでEU域内を旅行できるようにするというもの。EUはその強化を望み、トルコはこれがEU加盟への踏み台となることを期待している。

 ドイツから大使を呼び戻すのは、よいスタートとは言い難い。ドイツはトルコの最大の貿易相手で、3月の難民合意のとりまとめを指揮したのもドイツだ。ワシントンの戦略国際問題研究所のトルコ責任者、ブレント・アルリザは取材に対し、先週の議決が両国の長期的関係にどう影響するか、まだ判断するのは早いと言う。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

    • 2

      北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

    • 3

      北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

    • 4

      「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

    • 5

      サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

    • 6

      飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

    • 7

      日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

    • 8

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 9

      体臭とセックスアピールの意外な関係

    • 10

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 1

      北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

    • 2

      北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

    • 3

      北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      人はロボットともセックスしたい──報告書

    • 6

      北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

    • 7

      生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

    • 8

      国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

    • 9

      トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

    • 10

      北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 特別編集

    最新版 アルツハイマー入門

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年11月
    • 2017年10月
    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月