最新記事

EU離脱

英女王がEU離脱支持と大衆紙Sunが報道

バッキンガム宮殿は事実無根と正式な不服申請を申し立て

2016年3月10日(木)10時24分

 3月9日、エリザベス英女王が自国のEU離脱を支持と伝えた大衆紙報道をめぐり、バッキンガム宮殿は独立新聞基準組織に不服申し立て。同宮殿の風景。1月撮影(2016年 ロイター/Stefan Wermuth)

英国のエリザベス女王が、自国の欧州連合(EU)離脱を支持していると伝えた大衆紙「サン」の報道をめぐり、バッキンガム宮殿は9日、「独立新聞基準組織」(IPSO)に対し、正式な不服申し立てを行ったと明らかにした。

サンは一面に、「女王、ブレグジット支持」との見出しを付け、消息筋の話を引用する形で伝えた。記事によると、女王は過去10年間に少なくとも2度、EU加盟の現状に対し、明確に反対したという。

宮殿は声明で「女王は過去63年間同様、引き続き政治的に中立だ」と指摘。「国民投票は英国民が決める問題」と述べた。

報道については、正確さに関する編集者の行動規範条項を指摘、IPSO会長に書面で苦情申し立てを行った。異例の対応とされる。

サンの広報担当者は、宮殿側の報道内容否定に対し、「非常に信頼できる関係筋の情報に基づく記事で、屈服しない」と話した。

[ロンドン 9日 ロイター]

ニュース速報

ワールド

焦点:中東和平、トランプ氏の「1つの国家」言及で一

ビジネス

アングル:中国企業、株式の私募発行ブームは風前の灯

ワールド

アングル:大荒れのトランプ大統領単独会見、記者から

ビジネス

米国株はダウ7日連続で最高値更新、クラフト急伸しエ

MAGAZINE

特集:トランプを操る男

2017-2・21号(2/14発売)

トランプとホワイトハウスを裏で仕切る男──。首席戦略官スティーブ・バノンの恐るべき世界観

人気ランキング

  • 1

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体は?

  • 2

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 3

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 4

    トランプ初の単独会見は大荒れ けんか腰の大統領に…

  • 5

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    園児に教育勅語唱えさせる幼稚園 園長は日本会議の…

  • 9

    金正男の遺体は北朝鮮引き渡しへ 真相は迷宮入りと…

  • 10

    開発に10年かけた、シャンパン級のスパークリング日…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機会を狙っていた

  • 3

    北朝鮮独裁者、「身内殺し」の系譜

  • 4

    「線路立ち入りで書類送検」が他人事でなくなる侵入…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 7

    南シナ海、米中戦争を起こさず中国を封じ込める法

  • 8

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 9

    部下を潰しながら出世する「クラッシャー上司」の実態

  • 10

    金正男の遺体は北朝鮮引き渡しへ 真相は迷宮入りと…