最新記事

インタビュー

「ホームレス」を生み出さない社会を目指して

Innovator

[川口加奈]NPO法人Homedoor 理事長

2016年2月25日(木)15時42分
WORKSIGHT

対症療法でなく問題を根本から解決する

「ホームレス」というと、多くの人が自分とは関係のないこと、他人事だと考えるのではないでしょうか。

 でも失業したり、病気やけがで働けなくなると、貯金を取り崩すことになり、家族や住まいにまで影響が及びます。結果として居場所を失い、路上生活に追い込まれる人は意外に多いのです。ホームレス状態は誰にとっても無縁ではなく、どんな人でもなり得るということです。

生命の危険にさらされる過酷な路上生活

 ホームレスの人の多くは収入を得るため、廃品回収の仕事をしています。大阪の相場では、アルミ缶は1kgあたり80~130円、段ボールは1kgあたり8~10円で業者に買い取ってもらい、1日平均800~1000円の収入を得ます。

【参考記事】日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

 栄養状態、衛生状態は悪く、過酷な路上生活で凍死や餓死、自殺をする人もいます。また、心ない人からいたずらされたり、場合によると命の危機にさらされるような襲撃を受けることもあります。

 寒さや恐怖を取り除くためにお酒を飲み、昼間に仮眠を取ったりもするので、そうした姿を見て「怠け者だ」「ホームレスになるのは自業自得だ」という誤解を持つ人も少なくありません。しかし、こんな過酷な生活ですから、誰も好き好んで路上生活を始めるわけではないのです。

 一方で、一度ホームレスになってしまうと、なかなか抜け出すことができません。住所がないので就職活動は困難を極めます。生活保護を受ければ居宅生活はできるものの、負い目や孤独感から3割近くの人が再び路上生活へ戻ってしまいます。身体的・知的・精神的障がいを抱える人、過酷な路上生活で障がいをより深刻化させる人、障がい者手帳を取得できるかどうかのボーダーラインにいる人など、自分で助けを求めることができない人も多くいます。

【参考記事】世界人口の半分と同じ富が62人の富豪に集中

「出口作り」「入口封じ」「啓発」の3本柱

 私が理事長を務めるNPO法人「Homedoor(ホームドア)」では「ホームレス状態を生み出さない日本の社会構造を作る」というビジョンを掲げて、大きく3つの支援を行っています。

①出口作り
②入口封じ
③啓発活動

 ①の出口作りというのは、ホームレス状態から脱出したいと思った人に就労支援をすることです。例えばホームレスの人々が修理した自転車を一般にレンタルするシェアサイクルシステム「HUBchari(ハブチャリ)」、寄付された不要なビニール傘をホームレスの方や生活保護受給者がリメイクして販売する「HUBgasa(ハブガサ)」といった事業を通じて、中間的就労の場を用意しています。

wsHomedoor_1.jpg

HUBchariの自転車を整備するスタッフ。(写真提供:Homedoor/5点とも)

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の太平洋での水爆実験、専門家は「大災害」の恐

ビジネス

ギリシャ、第3次支援終了後も監督へ=ユーログループ

ビジネス

7月改定景気動向指数、一致指数は前月比-1.1ポイ

ワールド

米ハリケーン救済基金への企業寄付、合計で2.25億

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 4

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 5

    新型アップルウオッチは、ポストiPhoneの大本命

  • 6

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    北朝鮮、水爆実験強行なら分水嶺 トランプ政権は深…

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月