最新記事

性差別

女性の敵か味方か「処女奨学金」の波紋

College Scholarship for Being a Virgin

「厳しい条件」は人権を無視した性差別かそれとも若い女性を守る現実的な方法なのか

2016年2月25日(木)17時00分
エリン・コンウェイスミス

文化的な慣習?  処女に意味を持たせるのは男性社会ならではの特徴と擁護する向きも(リード・ダンスの参加者) Rogan Ward-REUTERS

 経済的な問題を抱える大学生にとって、奨学金は命綱だ。ただし、南アフリカ東部のクワズールー・ナタール州ウトゥケラ区が導入した奨学金には厳しい条件が付いている。

 受給資格は、性経験のない女子のみ。処女であることを確認する検査を定期的に受けることを条件に、現在ズールー族の女子学生16人が学んでいる。

【参考記事】美容整形で理想の性器を手に入れる?

 この「処女奨学金」が、大きな議論を巻き起こしている。差別的で違憲だという批判に対し、賛成派は処女検査は文化的な慣習だと主張。若い女性が望まぬ妊娠やHIV感染を避け、勉学に集中しやすくなると主張する。2月初めには賛成派の地元住人が役所まで行進した。

「若い女性ほど弱い立場にある」と、奨学金を考案したウトゥケラの女性地区長ドゥドゥ・マジブコは言う。「彼女たちは援助交際目的の中高年男性と恋に落ち、病気をうつされ、妊娠し、人生を破壊される」

【参考記事】ようこそコンドーム大国へ

 奨学金を受給する学生は、休暇で帰省した際に「検査」を受ける。草を編んだ敷物に横たわり、年長の女性が処女膜を確認する。処女でなくなった場合、奨学金は打ち切られる。

「父には妻が2人いて、暮らしに余裕がない」と、薬学を学ぶ22歳の奨学生は語る。「処女かどうか、定期的に検査を受けるつもりがあるかと聞かれて、私は『はい』と答えた。自分が処女であることを誇りに思っている。そのことがこんなにたくさんの扉を開いてくれるなんて、思っていなかった」

 彼女は検査にも不安はない。「膣を開いて中を見るだけ、何かを入れられるわけではない。検査が間違っていたという話も聞いたことがない」

男女の不平等を固定化

 処女検査には、いまだに文化的な慣習という側面もある。ズールー族の王の前で未婚の女性が踊りを披露する伝統儀式「リード・ダンス」でも、参加者は検査を受ける。

 一方、この慣習がアパルトヘイト(人種隔離政策)後の憲法が定める女性の権利を侵害しているとの批判もある。人権団体ローヤーズ・フォー・ヒューマン・ライツは、処女奨学金は女子に男子と異なる性的基準を課し、男女の不平等を定着させると指摘する。

「善意だとしても、完全に不適切で差別的なやり方だ。特にこの国は、性暴力の発生率が高く、自ら望んだセックスばかりではない」と、同団体の男女平等プログラムを担当する弁護士のサンジャ・ボーンマンは言う。

【参考記事】レイプ大国オーストラリアの新事実

 南アフリカのバサビレ・ドラミニ社会開発相も、処女検査を擁護することは、控えめに言って「見当違い」だと批判。擁護するほど、男性優位社会に染み付いた有害な慣習が浮き彫りになると語っている。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、来年は2回の利上げ実施の見通し=ブラック

ビジネス

英中銀、性急な利上げはリスク伴う=ハルデーン理事

ビジネス

ブレイナードFRB理事、「フィンテック」の恩恵とリ

ビジネス

米雇用者数、11月は17.8万人増 失業率は約9年

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃなかった

  • 3

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだった

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    7年後はマイルで宇宙へ? ANAとHIS、有人宇宙機運…

  • 6

    【動画】 ペットボトルを便利なヒモに変身させるカッ…

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    警官の集団墓地、石打ち、化学兵器──ISIS最大拠点モ…

  • 10

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 1

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系シンクタンクが分析

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 4

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 5

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 9

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 10

    米国へ向かう中米移民急増 トランプ就任目前で駆け…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 6

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 7

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 8

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 9

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月