最新記事

トレンド

美容整形で理想の性器を手に入れる?

Designer vaginas, anyone?

ポルノに影響されて「美しい形」にするために、手術を受ける女性が急増中

2011年1月14日(金)14時06分
イバ・スコッチ

 美容整形外科医が赤面させられるのはよほどのこと。だが数年前、チェコの首都プラハの医師ブラスティミル・ビシェクはそれを経験した。彼のクリニックを訪れたウクライナ人の売春婦がポルノ雑誌のヌードモデルの女性器を指して「私のも、こんなふうにして」と言ったのだ。

 まったく同じにはできなかった。性器は「十人十色」であり、顔の手術と同じく完全に他人を模倣はできないと、ビシェクは言う。それでもベストは尽くし、売春婦は満足して帰って行った。

 ビシェクにとって、彼女は純粋に美容目的で性器の整形を望んだ客の記念すべき第1号だった。以後、特に宣伝もしていないにもかかわらず彼のクリニックでは年間数十件、同様の女性器手術を行うようになった。

 一部の医師によれば、ここ約10年で性器の美容整形は「ちょっとしたブーム」になっている。今ではチェコ国内の美容整形クリニックの過半数を占める70カ所がこの手の処置を手掛ける。

 費用は入院費込みで平均900ドルほど。よく行われるのは大陰唇と小陰唇の整形だ。10年前まで、こうした処置を受けるのは深刻な先天異常か損傷のある患者がほとんどだった。今のチェコでは、顔や胸などと同じ感覚で考えられている。

 整形手術情報サイトによれば、昨年チェコで行われた美容整形手術のうち女性器関連は3%を占める。大多数の患者は「自信を持つ」のが目的だったという。

 27歳のミリアム(仮名)もそんな女性の1人。小陰唇が左右非対称で「一方が5ミリほど長い」ことを元恋人にからかわれ、気になりだして昨年手術に踏み切った。その結果、「元カレの好きなポルノ女優とそっくりな形になった」。

 この流行はチェコにとどまらない。相場5000ドル以上のアメリカでも、性器整形の需要は高まっている。入手できる最新の統計によれば、06年には全米で前年より30%増となる1030件の手術が行われた。

「リスクを伴う」と批判も

 もっともチェコ以外の国では、性器の美容整形を強く批判する医師も多い。アメリカの産婦人科医団体のサイトは、「リスクを伴うし、利点は科学的に実証されていない」と警告している。

 オークランド大学講師(心理学)のバージニア・ブラウンも非難の声を上げる。「自信を持てるとか性的快感が増すと言われているが、背景には性器の多様性を無視した女性蔑視的な見方がある。女性の無知とコンプレックスに付け込んだ商法だ」

 それでも、専門家の意見よりポルノの影響力のほうが大きいようだ。チェコでは近頃、ポルノ女優をまねて陰部を完全脱毛する女性が増えている。性器の美容整形を専門とする外科医スバトプルク・スボボダの話では数年前から、患者のほとんどが陰毛を処理しているという。脱毛して陰部があらわになると、ジムのシャワーなどで他人と比べるようになり、整形を望む女性が増えるとの指摘もある。

 スボボダが美容整形外科医になったのは72年だが、98年にブラジルに研修に行くまで性器の美容整形があることも知らなかった。帰国後に早速取り入れたが、周囲の視線は冷たかった。

「当初は年間1、2件だったが、この6年で急速に需要が伸びた」。毎年倍増を続け、昨年は100件を上回った。

 スボボダは、アフリカなどで行われている女性器切除とはまったく違う処置だと説明し、反対派を説得した。患者の大半は、美的な理由だけでなく、大陰唇が長過ぎるなどの深刻な不快感があって手術を受けるという。

 批判が収まると、スボボダは新たな難問に直面した。「理想的な女性器の形とは?」というものだ。そこで、長年裸婦を描いてきた友人の老画家に美しい女性器を描いてもらった。

 理想の形といっても、多様な美がある。老画家は100枚近いサンプルを描いてくれた。スボボダはそれをカタログにして、患者に好きな形を選んでもらっている。一番人気は、柔らかみのあるシンプルな性器だとか。

GloabalPost.com 特約)

[2010年11月24日号掲載]

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、オバマ前政権の環境規制撤回へ 28日に

ワールド

英米仏など40カ国、国連の核禁止条約交渉に不参加表

ワールド

米軍、モスル空爆作戦の方針変更を否定 民間人死亡で

ビジネス

中国投資家集団のACミラン買収、米エリオットが助け

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間

  • 2

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは基本を怠った

  • 3

    森友学園問題、中国でねじれ報道――「極右教育」籠池氏側に立つ?

  • 4

    米株急落、トランプ手腕を疑問視し始めたウォール街

  • 5

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 6

    英国警察はなぜ丸腰? ロンドンのテロ事件受けて変…

  • 7

    韓国検察、朴前大統領の逮捕状を請求 有罪なら懲役4…

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    「世界一の祝祭」リオのカルナヴァルは熾烈なリーグ…

  • 10

    韓国の次期「左派大統領」が進む道

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 7

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 4

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

  • 10

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月