最新記事

シリア内戦

人間を「駆除」するアサドの収容所、国連が告発

Syrian Government Is 'Exterminating' Its Detainees: U.N.

他人の下痢で感染死する環境や身の毛もよだつ拷問をいつまで放置するのか

2016年2月9日(火)16時55分
ルーシー・ウェストコット

戦場か拷問か アサド軍が大攻勢をかけるシリア北部の都市アレッポ Abdalrhman Ismail-REUTERS

 シリア政府は拘束した市民に対して「大規模かつ組織的な暴力行為」を働いている。拘束者に対する扱いは「駆除」に等しい――国連(UN)は2月3日付けの報告書でバシャル・アサド政権をそう非難した。

 シリアにおける悲惨な人権状況を監視する国連シリア調査委員会は報告書によれば、アサド政権は「戦場から離れた場所にある人目につかない」「公式の簡易収容所」で拘束した人々を殺害している。多くは殴打や拷問、非人道的な生活環境が原因で死亡しており、レイプや性的暴力、監禁、強制失踪といった「人道に対する罪」にさらされていたという。身内の女性に対する性的暴力の脅しも受けていたようだ。

凄惨きわまりない拷問

 報告書によると、政府に拘束されている間に死亡した人々のなかには、女性や子供、高齢者もおり、7歳の男の子も含まれている。火の付いたタバコで両目を焼く、性器を切除するなど、拷問の恐ろしい詳細も報告書には記されている。国連によれば、監禁と虐待には、シリア憲兵隊など「複数の政府機関」が関与しているという。

【参考記事】ISとの戦いで窮地、アサド「兵が足りない」

 一方で報告書は、反政府勢力も政府軍兵士を拘留・処刑してきたと書いている。ヌスラ戦線やISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)といった武装グループが収容所を設置して処刑を行ってきたという。反政府勢力と武装グループも「殺人や虐待、拷問などの戦争犯罪を行ってきた」としている。

【参考記事】アサド政権の「樽爆弾」が自国民を虐殺する

 今回の調査は、2011年3月10日~2015年11月30日の間に殺害された被害者を対象にしている。621人から話を聞いており、そのうち200人以上が、同房者が殺害されるのを目撃したと述べた。医療ケアの欠如や房内の過密状態のため下痢など予防可能な感染症で死亡した者もいた。

 拘束者の総数は公式に発表されていない。シリア政府が「調査委員会や他の国際人権監視機関に対して同国内への自由な立ち入りを一貫して拒んできた」ためだ。国連によると、常時、数万人が政府によって拘束されていると見られている。

 シリア内戦は来月で5年目に入る。その間に約25万人が死亡した。国連が主導する1月末にジュネーブで開催されるはずだったシリア和平協議は、ほとんど開始と同時に中断し、2月下旬に延期された。

【参考記事】シリア内戦終結を目指す地雷だらけの和平協議

 国連の報告書はこう指摘する。「これ以上の犠牲者を出さないために、緊急の対策が講じられねばならない。責任を果たすべきは、シリア政府と武装グループ、外国の支援者、より広範囲な国際社会だ」

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海め

ビジネス

戴シャープ社長、東証1部復帰後に退任の意向

ワールド

伊首相の辞意表明、引き続き政治動向を注視=菅官房長

ワールド

1回の会談で解決できるような問題ではない=日ロ交渉

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 2

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 3

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 4

    タイ新国王が即位しても政情不安は解消されない

  • 5

    百田尚樹氏の発言は本当に「ヘイトスピーチ」なのか…

  • 6

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 7

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    エディ・レッドメインは「力のある俳優」

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 3

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 4

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底か…

  • 5

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 6

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 7

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 8

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月