最新記事

中東

シリア内戦終結を目指す地雷だらけの和平協議

Will Syria Talks Lead To Peace?

2年ぶり3度目の和平協議だが、ロシアの思惑や反体制派の反発で成果は期待薄

2016年2月4日(木)17時00分
リディア・トムキウ

大国の思惑も シリアの戦乱にまだ終わりは見えない(首都ダマスカス近郊)

 シリア内戦の終結を模索した和平協議が最後にジュネーブで開かれてから既に2年近く。協議はようやく先週に再開されたが、反体制派の主力組織が当初は不参加を表明し、早くも出だしからつまずいた。加えて、テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)の台頭やヨーロッパの難民危機、最近のロシアによる内戦介入といった問題に直面するなか、和平協議は難航が予想される。

 国連の特使であるスタッファン・デミストゥラ国連・アラブ連盟合同特別代表は、シリア政府と反体制派勢力、アメリカやロシアなどの関係国を同じ交渉のテーブルに着かせるという最も困難な任務を背負っている。デミストゥラの前に特使となっていたアナン前国連事務総長とアルジェリアのブラヒミ元外相は、それぞれ12年と14年に和平協議の音頭を取ったが失敗に終わった。

 今回の新たな協議でも参加者らが譲歩する可能性は低く、交渉の進展は見込めないだろうと、専門家らは指摘する。

「(デミストゥラが)苦境から抜け出す策を見つけられるとは思わない」と、元駐シリア米大使のロバート・フォードは言う。「この協議がどこかに行き着くと考える人は、分析ではなく希望的観測に基づいていると思う。皆が進展を望むし、シリアで起きていることを考えれば、そう願わざるを得ない。だが現実は厳しい。われわれが相手にしているのは、樽爆弾や化学兵器を使う政府と、譲歩する気がまったくない反体制派だ」

 協議はまず停戦を締結させ、その後で政治的解決を実現させることを目的としている。だが予定されている協議期間6カ月でそれを成し遂げるのは無理だと、専門家らは指摘している。

問われるアメリカの立場

 他国の介入は協議をさらに複雑にした。ロシアが昨年9月末に開始したシリア空爆によって、アサド政権は息を吹き返した。政府軍は反体制派が掌握していた地域を奪還し始めている。

 ロシアは空爆だけではなく、地上でも拠点を拡大しようとしているようだ。ロシア政府がシリア領土内にさらなる軍事基地を造っているという噂は、長期的な介入をもくろんでいる証しだろう。

「(和平が実現して)シリアがどんな政治体制になるにしても、ロシアはアサド政権を構成するシーア派の少数派アラウィ派を長期的に重要な地位に就けようと執拗に駆け引きしてくるだろう」と、ワシントンの戦略国際問題研究所でロシア軍事を専門とするポール・シュワーツは指摘する。

「ロシアの最終目標はシリアにおける影響力を維持すること。政治的な存在感を示すだけでなく、シリア領内に軍事基地も置けるようにするために」

ニュース速報

ビジネス

ドルは114円半ば、株高・米長期金利上昇で強含み

ビジネス

中国11月PPIは前年比+3.3%、5年ぶり高い伸

ビジネス

日経平均は年初来高値を更新、良好な外部環境が追い風

ビジネス

フィリピン業務委託企業、トランプ氏とドゥテルテ氏の

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    韓国「崔順実ゲート」の裏で静かに進む経済危機

  • 2

    米ルビオ議員、南シナ海の領有権問題で対中制裁法案──トランプ新政権に行動を促す

  • 3

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのもつ危険性

  • 4

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在…

  • 5

    光熱費、電車賃、預金......ぼったくりイギリスの実態

  • 6

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られ…

  • 7

    来週プーチン露大統領来日、北方領土への期待値下げ…

  • 8

    トランプ「薬価引き下げる」 具体案は示さず、製薬…

  • 9

    「トランプ劇場」に振り回される習近平

  • 10

    「季節感」がない中国にバカ騒ぎの季節がやって来る

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 3

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 4

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 5

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 6

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 7

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 8

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのも…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時に分かる?

  • 4

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気に…

  • 5

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 6

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 7

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 8

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 9

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月