最新記事

テロ

「パリは隙だらけ」週刊誌襲撃から一年目に再び起きたテロ

'WE ARE ALL VULNERABLE’: PARISIANS ON CHARLIE HEBDO ANNIVERSARY SHOOTING

テロの衝撃が、歴史的に街頭デモで意思表示をしてきたパリ市民の伝統を変えてしまうのか

2016年1月8日(金)16時00分
ジョシュ・ロウ

癒えない傷 昨年続いたテロがパリの市民に与えた衝撃は余りにも大きかった Charles Platiau-REUTERS

 昨年1月にパリの風刺週刊誌シャルリ・エブドの本社が襲撃されて17人が殺害されてからちょうど一年目にあたる今週7日、パリ北部の警察署に刃物を持った男が「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら侵入し、警察に射殺された。

 フランス検察当局などによると、この男はテロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)の旗やISISによるものという犯行声明が書かれた紙を持っていた。

 今回の犯行とISISの関連はまだわかっていないが、昨年の襲撃事件からちょうど一年目の日に事件が起きたことに、パリの市民は衝撃を受けている。

「この日、特にパリは緊張していた」と、地政学講師のミシェル・レミューは話している。「テロリストたちが、市民の身近に存在していることを思い知らせるために何らかの行動を起こすだろうと、多くの市民は予測していた」

「(我々は)隙だらけだ。まったく隙だらけだ」と、レミューは嘆いている。

 レミューの友人で、シャルリ・エブドに寄稿していた精神科医のエルザ・チャヤットは、昨年襲撃事件が発生した時、編集部にいたために殺害された。「私は57歳だが、その時は赤ん坊のように泣いた。エルザがどれだけ柔軟で、偏見の無い女性だったか。移民に対しても固定観念は持っていなかった。とてもオープンな人だった」

 パリ在住のイギリス人作家ルーシー・ワダムは、この一年でパリの街が大きく変わったと話している。「シャルリ・エブド襲撃事件の後も、パリの人々はそれまでのやり方を変えず、街頭に出てデモに参加していた。フランスの歴史の中で繰り返されてきたのと変わらない反応だった」

「しかし昨年11月の同時テロの衝撃は余りに強烈だった。パリの人々は怒りの中で、街頭デモで何かを変えられるとは信じられなくなってしまった」

ニュース速報

ビジネス

中国、2017年は改革推進へ 需要底上げも図る方針

ワールド

韓国国会、朴大統領の弾劾訴追案を可決 与党から多く

ワールド

トルコ、大統領権限強化に向けて来年国民投票へ=副首

ビジネス

独ビルト紙、量的緩和を延長したECB総裁を批判 州

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在になる

  • 2

    北朝鮮が中国への「大麻」輸出に乗り出す

  • 3

    韓国「崔順実ゲート」の裏で静かに進む経済危機

  • 4

    米ルビオ議員、南シナ海の領有権問題で対中制裁法案─…

  • 5

    光熱費、電車賃、預金......ぼったくりイギリスの実態

  • 6

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのも…

  • 7

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られ…

  • 8

    闇サイトが「トランプ暗殺」の資金を募集

  • 9

    トランプ政権の国防を担うクールな荒くれ者

  • 10

    来週プーチン露大統領来日、北方領土への期待値下げ…

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 3

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 4

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在…

  • 5

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 6

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 7

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 8

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 9

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 10

    韓国「崔順実ゲート」の裏で静かに進む経済危機

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時に分かる?

  • 4

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気に…

  • 5

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 6

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 7

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 8

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 9

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月