最新記事

安全保障

日米関係は本当に悪いのか

The Resurgence of the U.S.-Japan Relationship

普天間やオスプレイをめぐるきしみの陰で、日米の同盟関係が静かにV字回復を始めた

2012年9月24日(月)11時28分
リチャード・ワイツ(ハドソン研究所上級研究員)

議論の的 5年間で58回の事故を起こしたオスプレイの配備には強い反発がある(12年9月、米バージニア州) Kyle N. Runnels-U.S. Marine Corps

 ここ数年で、日本とアメリカの安全保障関係はすっかり冷え込んでいた。沖縄の米海兵隊普天間基地の移設問題で地元が猛反発。加えて日本の民主党政権はアメリカ一辺倒でなく、中国との関係緊密化に意欲を見せていた。

 しかし、最近の日米防衛当局高官の行動と発言を見る限り、日米同盟は最悪の時期を脱し、むしろ再び関係が深まり始めているようだ。

 8月初め、日本の森本敏防衛相がワシントンを訪問。訪米の最大の目玉は、ワシントン近郊の米海兵隊基地で垂直離着陸輸送機「MV22オスプレイ」に試乗することだった。

 米海兵隊は、オスプレイ12機をCH46中型輸送ヘリコプターに代えて普天間基地に配備する方針だが、日本ではこの輸送機の安全性に関して不安の声が高まっている。4月にモロッコで、6月にフロリダ州で墜落事故があり、モロッコでは2人が死亡、フロリダでは5人が負傷した(老朽化している上に効率の悪いCH46などの後継機としては十分な安全性を備えているというのが、米国防総省の立場)。

 日本の世論、特に沖縄県民がオスプレイ配備に強く反発する一因は、沖縄に在日米軍が集中していることへの不快感だ。何しろ、国土面積に占める割合で1%に満たない沖縄に、在日米軍の半分が駐留している。

日本に配慮するアメリカ政府

 近年、沖縄の基地問題の焦点になってきたのが普天間移設問題だった。96年と06年の日米政府の合意で移設が約束されたが、代替施設の設置場所決定が難航し、移設は実現していない。

 09年には、普天間基地の沖縄県外移設を掲げる民主党が政権を獲得。当時の鳩山由紀夫首相は鹿児島県徳之島への移設を目指したが、地元と米政府の反対に遭い、失敗に終わった。

 それでもこの4月、日米両政府は在日米軍再編見直しに関する共同文書を発表。沖縄駐留海兵隊員の半数近くに当たる9000人をグアム、ハワイ、オーストラリアに移転させ、海兵隊基地の多くを日本側に移管する方針を打ち出した。

 これで日本国内の反米軍基地感情がいくらか和らぐ......とはいかなかった。普天間への配備前のオスプレイの一時駐機場所である山口県岩国市と沖縄県の当局は、オスプレイの導入に強く反発。地元住民に危険が及ばないと政府が確認できるまで試験飛行を認めないと、野田佳彦首相も述べている。

 とはいえ、日米両国政府がこの問題で衝突しているわけではない。米政府は、日本側の不安がなくならない限り、日本国内でオスプレイを飛ばさないと約束している。墜落事故の原因は国防総省が調査中で、調査結果は日本側に知らせると、レオン・パネッタ米国防長官は8月初めに森本防衛相と会談した後の記者会見で述べた。

 森本や日本当局者はオスプレイ配備を支持している。沖縄駐留海兵隊がこれまでより遠方まで、しかも迅速に移動できるようになるからだ。その結果、海兵隊が日本の離島を守り、東アジアの緊急事態に対応する能力が高まると期待されている。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、オバマ前政権の環境規制撤回へ 28日に

ワールド

英米仏など40カ国、国連の核禁止条約交渉に不参加表

ワールド

米軍、モスル空爆作戦の方針変更を否定 民間人死亡で

ビジネス

中国投資家集団のACミラン買収、米エリオットが助け

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間

  • 2

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは基本を怠った

  • 3

    森友学園問題、中国でねじれ報道――「極右教育」籠池氏側に立つ?

  • 4

    米株急落、トランプ手腕を疑問視し始めたウォール街

  • 5

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 6

    英国警察はなぜ丸腰? ロンドンのテロ事件受けて変…

  • 7

    韓国検察、朴前大統領の逮捕状を請求 有罪なら懲役4…

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    「世界一の祝祭」リオのカルナヴァルは熾烈なリーグ…

  • 10

    韓国の次期「左派大統領」が進む道

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 7

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 4

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

  • 10

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月