最新記事

エネルギー

債務危機イタリアを襲う寒波とガス不足

Emergency Measures to Deal With Gas Shortage

大寒波の欧州を悩ますロシアの天然ガス輸出制限が、ガスの90%を輸入に頼るイタリアを直撃

2012年2月7日(火)16時30分
サマンサ・スタインバーン

 1月末から記録的な大寒波に襲われている欧州では、暖房用燃料として天然ガスの需要が急増している。ところが、各国の頼みの綱であるロシアが対欧州輸出を削減。ロシア政府系の天然ガス・石油大手ガスプロムは、寒波の影響で国内でも例年以上に家庭用・産業用ガスの需要が高まっているためとしている。

 イタリアのエネルギー会社ENIによれば、ロシアからイタリアへのガス供給量は通常より約20%も減っているという。厳しい寒さのため欧州全土では300人以上の死者が出ているが、イタリアでもこれまでに17人が死亡。異例の積雪があったローマではコロッセオ(円形闘技場)やフォロ・ロマーノなどの観光名所も閉鎖された、とBBCは報じた。

 イタリア政府は緊急対策を講じ、これを乗り切ろうとしている。経済発展相は2月6日、産業界へのガス供給を一時的に削減することを発表。対象となるのは、通常は割安なガス料金を払う代わりに、緊急事態が起きたら最初に供給をカットされる契約を結んでいる企業だ。

 ロイターによれば、ガス火力発電所の発電量を減らし、その分を埋め合わせるために石油火力発電所をいくつか稼動させる、と政府高官らは述べている。

 イタリア政府の計画に対して、産業界からは不満の声が上がる。「まず最初に企業への供給を減らすというのは、納得できない。利用可能な備蓄分の放出を優先すべきではないか」と、エネルギー消費の多い企業300社の協議会「ガスインテンシブ」のパオロ・クリッチ会長は言う。
 
 ロイターは次のように報じている。


 イタリアは2010年に約780億立方メートルのガスを消費したが、その90%を輸入に頼っている。約220億立方メートルをロシアから、約250億立方メートルをアルジェリアから輸入している。


GlobalPost.com特約

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 2

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「チョコレートは、あなたの脳力をブーストする」と…

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月