最新記事

アップル

「ビジョン・プロ」はアップルにとって賭け...「多く残る疑問」とは?

Apple’s Future Vision

2023年6月13日(火)13時20分
パナギオティス・リッツォス(英バンガー大学上級講師)、ピーター・ブッチャー(同大学講師)
アップル「ビジョン・プロ」

左右それぞれが「4Kテレビ」以上のピクセル数を持つというディスプレイや、装着者の目を表示できる機能などを誇るアップルのビジョン・プロ COURTESY OF APPLE

<ついに発表したVR/ARヘッドセット「ビジョン・プロ」のすごさと思惑を解析すれば>

アップルがヘッドマウントディスプレイ(HMD)に参入し、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、MR(複合現実)の世界に乗り出した。

【動画】アップル「ビジョン・プロ」と「メタクエスト」はどう違う?

6月5~9日に開催した年次イベント、アップル世界開発者会議(WWDC)で発表されたヘッドセット「ビジョン・プロ」は、単なるディスプレイでしかない普通のHMDとは違う。むしろ、頭にコンピューターそのものを装着する感じに近い。

この分野のテクノロジーに取り組む多くの者にとって、希望を与えてくれる新製品だ。iPhoneやiPadやアップルウオッチが、スマートフォンやタブレット型端末、腕時計型のウエアラブル端末を普及させたのと同じことが、ビジョン・プロで実現するのではないか......。

とはいえ、この新たなヘッドセットは具体的にどんなもので、一般の人々にどこまでアピールできるのだろう?

VRのユーザーは、コンピューターがつくり上げた世界に没入し、身の回りの物理的環境から大部分切り離される。一方、ARの狙いは周囲の現実の在り方を強化すること。周囲の世界が常に見えている状態のまま、そこにコンピューターが生成した要素が重ね合わされる。

ARと同義の用語として使われがちなMRは、ARを含む一連の没入型技術のことで、現実世界と仮想世界の「ミックス」をさまざまな形で提供する。これら3つは「XR」と総称されることが多い。

アップルのコンセプトにおいては、VRとARの混合が重要なカギになっているようだ。ビジョン・プロでは、現実世界を視覚化したいレベルに応じて、没入度を調整できる。2種類の体験を行き来するスタイルは、これからのHMDのトレンドになるだろう。

230620p34_APL_02.jpg

アップルらしいデザインも目を引く LOREN ELLIOTTーREUTERS

ビジョン・プロの「目」は、スキーゴーグルのような形状のディスプレイに搭載された12個のカメラだ。「アイサイト」機能を使い、VRモードの最中に、現実世界で誰かが接近してきたときは自動的に検知し、その人物の姿を画面内に表示する。

ゴーグルに装着者の目を映し出すこともできるため、周囲とのやりとりがより自然になる。これらは、多くのHMDの課題になっていた点だ。

技術仕様も素晴らしい。「M2」とは別に搭載される「R1」チップを組み合わせて使用している。

M2は、コンピュータービジョンアルゴリズムやCG生成のほか、世界初の空間OS(基本ソフト)という「ビジョンOS」の動作を担う。R1はカメラや複数のマイク、ライダースキャナー(レーザー光を用いて物体との距離を計測する)から送られる情報を処理し、ヘッドセットに周囲の環境を認識させる。

さらに、表示パネルのピクセル数は「左右それぞれが4Kテレビ以上」。装着者の目の動きをトラッキングする機能のおかげで、視線を向けるだけでアプリを開ける。身ぶり・音声コマンド操作も可能で、「空間オーディオ」という360度サウンドを装備。バッテリー駆動時間は2時間だという。

高まる期待と残る疑問

アルミニウムとガラスを用いたアップルらしいデザインと、数々のプレミアム機能を備えたビジョン・プロは価格3499ドルと高額。だがアップルには、ユーザーの周囲の現実を感知する能力を、多方面に拡大させる製品を開発し続けてきた歴史がある。

アップル製品同士の相互運用性にも力を入れ、ウエアラブルな「エコシステム(生態系)」をつくり上げている。だからこそ、ビジョン・プロは破壊的な存在になりそうだ。

今もアップルのエコシステムの根幹であるiPhone、およびアップルウオッチとビジョン・プロを組み合わせれば、ARの新たな在り方を生み出す一歩になるだろう。同様に、数多くのプログラミングツールとリンクさせている事実は、既存のARアプリ開発者コミュニティーを活用したいという願望の表れだ。

ただし、疑問は多く残る。ウェブブラウザ経由でMRアプリにアクセスできるのか。人間工学的に見て、使用感はどうなのか。「プロ」向けでないバージョンが登場するのかも明らかではない。

ビジョン・プロはアップルにとって賭けだ。XRは「かけ声倒れ」の技術と見なされがち。それでもアップルと、XR分野の主な競合相手であるメタやマイクロソフトには、一般の人々にXRを浸透させるに足る影響力がある。

さらに重要な点は、ビジョン・プロのようなデバイスと、そのエコシステムや競合製品によってメタバースが発展していく可能性があることだ。従来のデバイスより自然な交流ができる仮想空間が生まれるかもしれない。

ビジョン・プロを装着したユーザーは、居間でスキューバダイビングしているみたいだ──そう批判する人もいるだろう。だが今や、XRの世界に深く潜り込むチャンスがようやく訪れたようだ。

The Conversation

Panagiotis Ritsos, Senior Lecturer in Visualisation, Bangor University and Peter Butcher, Lecturer in Human Computer Interaction, Bangor University

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ECB、大きな衝撃なければ近く利下げ 物価予想通り

ビジネス

英利下げ視野も時期は明言できず=中銀次期副総裁

ワールド

プーチン氏がイラン大統領と電話会談、全ての当事者に

ビジネス

モルガンS、第1四半期利益が予想上回る 投資銀行業
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 6

    【地図】【戦況解説】ウクライナ防衛の背骨を成し、…

  • 7

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 10

    「アイアンドーム」では足りなかった。イスラエルの…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中