最新記事
音楽祭

「お母さんでしょ...」ケイティ・ペリー、音楽祭での「露骨な半ケツ」に批判殺到 インスタ上で婚約者も一言

2024年5月7日(火)18時00分
千歳香奈子
ケイティ・ペリー

ケイティ・ペリー(2023年4月26日、カリフォルニア州ハリウッド) DFree-Shutterstock

<世界最大級の野外音楽フェス「コーチェラ」に観客として参加した歌手のケイティ・ペリー。ジーンズをずり下げて黒い下着を露出させた写真が賛否を呼んでいる。この写真投稿には婚約者のオーランド・ブルームもツッコミを入れた>

歌手ケイティ・ペリーが、インスタグラムに「半ケツ」まる出し写真を投稿。婚約者のオーランド・ブルームが「ベイビー、ベルトを持っていくように言ったよね」とコメント欄でツッコミを入れ、大きな話題となっている。

【写真】黒下着とお尻があらわ...「半ケツ」で音楽フェスに参戦したケイティ・ペリーの露出ファッションに賛否

3月に開催されたビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワードで、黒のTバックと下半身の一部が露わになる「尻がまる見え」のドレスを着用して批判を浴びたケイティ。今度は、米カリフォルニア州の砂漠で4月中旬に2週に渡って週末に開催された世界最大規模の野外音楽フェス「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」(通称コーチェラ)で、オーバーサイズのジーンズをずり下げて黒い下着を露出させる後ろ姿を披露し、賛否を呼んでいる。

「お母さんでしょ」と非難する声も

オーランドと3歳の愛娘デイジー・ダヴちゃんを残して、観客として単身でコーチェラに参加したケイティは、インスタグラムに複数枚の写真を投稿。1枚目の大胆な尻見せ写真にオーランドが書き込んだコメントには、4800を超える「いいね」がついている。

「ホット」「年齢を感じさせない」「来年はヘッドライナー!」など美尻に歓喜するファンがいる一方、「誰も見たくない」「ズボン上げなよ」「子どもの頃、ズボンの上げ方を教わらなかったの?」と、批判的なコメントも寄せられている。

婚約から5年が経つ2人は、これまで何度か不仲説がささやかれてきた。コーチェラで弾ける様子に「お母さんでしょ」と非難する声もある。

しかし、そんな批判をはね返すようにオーランドが代表作『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで演じたキャラクター「レゴラス」の顔が描かれたTシャツをボトムなしのノーパンツスタイルで着こなす姿も公開。フェイスタイムでオーランドにTシャツを見せる様子を撮影した画面もストーリーで共有し、ラブラブな様子も披露している。

オーランドは最近出演したポッドキャストでケイティとの関係について、「手放すことを学んだ」と話している。また、NBCのインタビューでも恋愛関係の維持に取り組むのは「日常的なこと」と明かしており、互いに刺激を与えあうことが良好な関係につながっているようだ。

[筆者]
千歳香奈子
北海道・札幌市出身。1992年に渡米し、カリフォルニア州サンタモニカ大学で写真を学ぶ。96年アトランタ五輪の取材アシスタントとして日刊スポーツ新聞社アトランタ支局に勤務。ロサンゼルス支局、東京本社勤務を経て99年よりロサンゼルスを拠点にハリウッドスターら著名人へのインタビューや映画、エンターテイメント情報等を取材、執筆している。日刊スポーツ新聞のサイトにてハリウッド情報や西海岸のトレンドを発信するコラムも寄稿中。著書に『ハリウッド・セレブ』(学研新書)。

20240618issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月18日号(6月11日発売)は「姿なき侵略者 中国」特集。ニューヨークの中心やカリブ海のリゾート地で影響力工作を拡大する中国の「ステルス侵略」

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 5

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中