最新記事

映画

小さな貝の大きな冒険に子供も大人もキュン!映画『マルセル 靴をはいた小さな貝』

A Film Like No Other

2023年6月30日(金)14時10分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)
映画『マルセル 靴をはいた小さな貝』

マルセルは祖母と一緒に空き家を「改造」して、静かな日々を送っていた ©2021 MARCEL THE MOVIE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

<YouTubeでバズった動画から生まれた、唯一無二の心温まる実写+ストップモーションアニメ>

マルセルは、2010年にYouTubeに投稿された短編のストップモーションアニメで大いにバズった小さな貝。人間の男の子のように、か細い声でたどたどしく話す。

「コメディアンで女優のジェニー・スレートが声を担当するキャラクター」という言い方はちょっと違う。マルセルはスレートの声そのもの。声のほうが先に生まれた。

スレートは、当時彼氏で、その後に夫となったディーン・フライシャー・キャンプを笑わせようと、この声でしゃべってみせたのだ。それを聞いてフライシャー・キャンプは工芸店に行き6ドルで材料を買い集めた。2.5センチの貝殻、ポリマー粘土の土台付きの目玉1個、プラスチックの赤い人形の靴。これらを組み合わせてスレートの声にぴったりのキャラクターを作った。

この愛すべき小さな貝を主人公に、フライシャー・キャンプは超低予算の短編アニメを3本撮り、YouTubeで公開。これが話題を呼んで絵本出版の話が舞い込み、11年と14年にスレートとの共作で2作を世に出した(どちらもベストセラーになった)。

2人は16年に離婚。だが再度クリエーターとしてコンビを組み、長編アニメ映画『マルセル 靴をはいた小さな貝』を完成させた。

【動画】映画『マルセル 靴をはいた小さな貝』予告編

長編映画にするために、2人はマルセルの物語に新たな背景を加えた。映画版のマルセルは祖母のナナ・コニー(イザベラ・ロッセリーニの声が素晴らしい)と暮らしていて、常識的に考えれば「絶対できっこない」試みにチャレンジする。

マルセルたちが暮らしている家には以前カップルが住んでいたが、けんか別れして2人とも出て行った。その家を借りて引っ越してきたのがプロの映画作家を目指すディーンだ(フライシャー・キャンプ自身が演じる)。

揺れる思いを繊細に表現

ディーンは先住のマルセルたちと仲良くなり、小さな貝から見た世界に興味を覚えて、マルセルの世界観をテーマにドキュメンタリー映画を撮りたいと申し出る。そしてカメラを手にマルセルと祖母を追ううちに悲しい事情を知ることになる。貝の一族が大勢いたこの家に、なぜ彼らだけが残されたのか......。

映画の最初の約3分の1は、ディーンが観客に代わって家の中を見て回るシーンが中心だ。マルセルと祖母は自分たちが暮らしやすいように、この家にちょっとした「改造」を加えていた。マルセルは工夫の天才で、とても誇らしげに発明品を披露する。人間が残していったスニーカーをロープにくくり付けて作った空中滑走できる仕掛け、テニスボールの中身をくりぬいて作った転がる「自動車」......。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ゼレンスキー氏がサウジ訪問、皇太子と和平案など協議

ビジネス

米国株式市場=ほぼ横ばい、主要インフレ指標控え

ビジネス

NY外為市場=ドル/円下落、日本のCPIと米耐久財

ワールド

米、ヒズボラとイスラエルの緊張の高まり望まず=国務
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 3

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の差別扇動

  • 4

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 5

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 10

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中