最新記事

映画

小さな貝の大きな冒険に子供も大人もキュン!映画『マルセル 靴をはいた小さな貝』

A Film Like No Other

2023年6月30日(金)14時10分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)

最初のうちは細切れのエピソードが続く感じだが、導入部の緩さはただの手抜きではない。マルセルと祖母の静かな生活の1コマ1コマから、小さな貝殻の内に秘めた彼らの思いがゆっくりと形を成し始める。窓辺の小さな箱の「庭いじり」と傷ついた虫たちの世話を生きがいに親族を失った悲しみに耐える祖母。どこまでも楽天的で、ポジティブな頑張り屋さんだが、心にぽっかり穴があいたような寂しさを抱えているマルセル。

こうした思いを伝えるのはセリフや説明ではなく、小さなしぐさや巧みに編集された映像だ。CGで動かすのは口だけで、後は手作業のストップモーションアニメなのに、繊細で複雑な感情の機微が切ないほどに伝わってくる。

アニメ映画がこんなふうに胸に刺さったことは一度もない。恋人同士の内輪ネタから生まれたマルセルは、人々の心に明かりをともす、キュートでけなげなキャラに育った。

©2023 The Slate Group

MARCEL THE SHELL WITH SHOES ON
マルセル 靴をはいた小さな貝
監督/ディーン・フライシャー・キャンプ
声/ジェニー・スレート(マルセル)、イザベラ・ロッセリーニ(ナナ・コニー)
日本公開は6月30日

20240227issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年2月27日号(2月20日発売)は「開戦2年 ウクライナが敗れる日」特集。アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学を読み解く

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

イラン、ロシアへの弾道ミサイル提供疑惑を否定 「国

ワールド

イスラエル入植活動は「国際法違反」、米バイデン政権

ワールド

スイス、ウクライナ和平会議を夏までに開催 国連総会

ワールド

年内利下げ、適切な公算 単月の好調データで軌道変わ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロの仕事」「費用対効果が...」と反応さまざま

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 5

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 8

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 9

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 10

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中