最新記事

映画

時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド」の最期が意味するもの

Passing the Torch

2021年10月29日(金)06時34分
サム・アダムズ

第一線を退いたボンドは静かな暮らしを楽しんでいたのだが…… ©︎2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED

<『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でダニエル・クレイグが演じた007の最期は、去りゆくアベンジャーズの英雄たちと重なる>

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、ダニエル・クレイグがイギリスのスパイ、ジェームズ・ボンドを演じた最後の作品だ(以下、映画のネタバレあり)。そればかりか、あたかも「最後のボンドムービー」であるかのように幕を閉じる。

人類滅亡をもたらす可能性のあるウイルスが保管されている施設に向け、ミサイルが発射される。確実に命中させるためにボンドはその場に残り、吹き飛ばされる建物と運命を共にするのだ。

人々の命を救うために自らを犠牲にする――ヒーローにとってこれほど高貴な死に方はない。「高貴」なんてボンドの柄ではないけれど、クレイグによる最後の007映画であることを思えば、記憶に強く刻まれる終わり方にするのは当たり前だろう。

だが死に向き合うボンドからは「それ以外の選択肢がない」とか「人類を救うという目的に殉じる」といった感じがあまり伝わってこない。どちらかというと死を望んでいるように見えるのだ。

本作の最初のアクションシーンでボンドは、追ってくる車から逃れるため、路面に敷設されていたケーブルをつかんで橋から飛び降りる(ケーブルは都合のいいことに、欄干からぶら下がって命拾いができるくらいの長さにたるんでいる)。でもラストでは、彼は逃げようともしない。

一つの時代の終わり?

クレイグは現在53歳。ロジャー・ムーアがボンドのタキシードを脱いだ年齢より5歳も若いが、本作では肉体的に衰えてきていることが強調されている。ボディーラインは相変わらず素晴らしいが、それでも若い世代のエージェントたちに追い上げられ、自分の時代が終わりつつあることを認識させられる。

007のナンバーを継いだ女性スパイのノーミ(ラシャーナ・リンチ)は、自分の邪魔をしたら膝を撃つとボンドを脅す。それも「まだ使えるほうの膝をね」と言うのだ。

ボンドの復帰を喜んでくれるのはアメリカのスパイ、ローガン・アッシュ(ビリー・マグヌッセン)だけ。本物のボンドについに会えたと興奮を隠さない。だがそんなふうに持ち上げられること自体、若いポップスターがベテラン歌手に「子供時代、あなたのポスターを寝室の壁に貼っていました」と言うようなもので、ボンドが過去の人になったことを感じさせる。

この辺り、ボンドファンが愛しているのは昔ながらのスパイ映画なのだと認めているようなものだろう。ファンは整った身なりの白人男性が外国なまりの悪者を殺したり、そのたびに違う女性と時に軽口をたたきながらベッドインするのを楽しみにしている、と。

その点、マグヌッセン演じるアッシュはいかにも白人エリート男性といった外見だ。目的のためなら、仲間であるはずの相手もためらいなく殺す。こんな人物がボンドファンなのだとしたら、ボンドもそろそろ引退の潮時と言えるかもしれない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

G7と豪、ロシア産石油上限60ドルで合意 EUも参

ワールド

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和 

ワールド

EU、ロ産原油価格上限で週末にも正式合意 禁輸後の

ワールド

アングル:ハッカーの標的にされた豪、データ漏えいに

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 3

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、ドレスを吹き付けられる

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 8

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 9

    テスラ初の大型EVトラック出荷開始 貨物30トン牽引…

  • 10

    「一本勝ち!」バンクシーが自作と認めた、ボロディ…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月