最新記事

映画評

過去作からの「反復」がもたらす光と影――『フォースの覚醒』レビュー(軽いネタバレあり)

『スター・ウォーズ』シリーズの伝統を引き継ぎつつ、新たな歴史の基礎を築くことに成功した感無量の作品だが、駆け足の感も

2015年12月22日(火)15時18分
高森郁哉(翻訳者、ライター)

この上ない好スタート 世界歴代1位の公開週末興行収入を成し遂げた面々(左から、ジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、J・J・エイブラムス、アダム・ドライバー、足元にドロイドのBB-8、12月11日) Yuya Shino- REUTERS

歴代最高のロケットスタート

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が12月18日に世界同時公開され、米国内の公開週末興行収入が2億4800万ドルで歴代1位、世界の公開週末興行収入でも5億2900万ドルで同じく歴代1位という好スタートを切った。すでに予算推定額の2億ドルを余裕で超え、今後の興行面での関心は、世界歴代興収ランキングの20位で今のところシリーズ最高のヒット作『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(10億2700万ドル)を超えられるか、さらに順位を伸ばしてトップ10――3位『ジュラシック・ワールド』、5位『ワイルド・スピード SKY MISSION』、6位『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、10位『ミニオンズ』と2015年公開作が4本も並ぶ――に食い込んでいけるかどうかだ。

職人肌のヒット請負人、J・J・エイブラムス監督

 ジョージ・ルーカスが生み出した『スター・ウォーズ』シリーズ。エピソード4~6の通称「ルーク3部作」、エピソード1~3の「アナキン3部作」に続く、新たな3部作でエピソード7に位置づけられる本作の監督に抜擢されたのがJ・J・エイブラムスだ。キャリア当初は作曲、脚本で実績を重ね、テレビドラマ『LOST』での監督・脚本がトム・クルーズに認められて2006年に『M:i:III』で映画監督デビュー。伝説的SFシリーズをリブートさせた『スター・トレック』、スティーブン・スピルバーグを共同製作に迎えた『SUPER8/スーパーエイト』といったSF大作の成功を評価されての起用となった。

『M:i:III』にせよ『スター・トレック』にせよ、人気シリーズの世界観を尊重しつつ、アクションや視覚効果のトレンドをバランス良く組み入れてソツなく仕上げてきたエイブラムス監督。脚本も手がけたオリジナル作品の『SUPER8』でさえ、スピルバーグの『未知との遭遇』や『E.T.』を想起させるオマージュ作だった。どちらかといえば自らの作家性を抑える「職人」であり、続編やリブート作であっても強い個性を発揮するデービッド・フィンチャーやクリストファー・ノーランといった芸術家肌の監督とは好対照だ。

 エイブラムス自身、そうした監督としてのキャリアと評価に満足しているわけではない。製作会社のルーカスフィルムから本作の監督を最初にオファーされたとき、「続編ばかり作るヤツになりたくない」と感じ、受けるかどうかを悩んだという。

新3部作の序章としては上出来だが、単体としては物足りなさも

(以降は、最新作とシリーズ過去作の内容に触れ、軽いネタバレを含みます)

『フォースの覚醒』の脚本は、エピソード5、6の共同脚本家ローレンス・カスダンとエイブラムスらが担当している。シリーズを通して観てきた人なら、主要キャラクターの配置やストーリー展開が「ルーク3部作」、とりわけ『エピソード4/新たなる希望』に似ていることを容易に感じ取るだろう。ハン・ソロ、ルーク、レイア姫という旧作のトリオは、闘うヒロインのレイ(デイジー・リドリー)、抜け忍ならぬ「抜けストームトルーパー」のフィン(ジョン・ボイエガ)、Xウイング操縦士のポー・ダメロン(オスカー・アイザック)に引き継がれた。かつての宿敵ダースベイダーに相当するのがカイロ・レン(アダム・ドライバー)だ。

 エピソード6から約30年後が舞台ということで、旧トリオのキャスト(ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー)が相応に加齢した外見で再び登場すると感無量だし、ライトセーバーでのチャンバラ、ミレニアム・ファルコンやXウイングでのチェイスやバトルも懐かしさ満点だ。視覚効果技術の進化に伴い、アクションシーンや背景の描画クオリティが格段に向上しているが、宇宙船の外観などはミニチュアモデルを使った特撮風の質感を再現して、旧作のイメージから乖離しないよう配慮している。

ニュース速報

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソ

MAGAZINE

特集:プーチンの世界戦略

2016-9・27号(9/21発売)

シリア内戦からアメリカ大統領選まで世界を翻弄する「最強の独裁者」の世界観

人気ランキング

  • 1

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 2

    米大統領選のテレビ討論会、過去最高の1億人が視聴か

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    トランプ当選の可能性はもうゼロではない

  • 6

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 7

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 8

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 9

    Jリーグ、そして東京オリンピックで活躍が期待される「スマートスタジアム」とは

  • 10

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    若者がクルマを買わなくなった原因は、ライフスタイルの変化より断然「お金」

  • 8

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月