最新記事

経営

わが社は特別...「自信過剰」という病魔は、世界最強の企業「GE」すら破壊した

‘Hype, Hubris and Blind Ambition’

2022年12月1日(木)17時04分
メレディス・ウルフ・シザー

伝説のCEOウェルチ(左)と後任のイメルト SHAWN BALDWINーBLOOMBERG/GETTY IMAGES

<分社化に追い込まれたかつての最強コングロマリットGE。その失敗を分析した著者に聞く最大のミスと教訓>

ゼネラル・エレクトリック(GE)は歴史に名高い企業で、究極の優良銘柄だった。

アメリカの電力事業の2人の先駆者、トーマス・エジソンとチャールズ・コフィンの設立した2社が合併し、GEが誕生したのは1892年。以降、誰もが知る巨大コングロマリットに成長した。だが130年後の今、同社は部門ごとに切り売りされる身だ。

なぜこんなことになったのか。金融ジャーナリストのウィリアム・D・コーハンは、新著『パワーカット――あるアメリカの象徴の盛衰』でGEの没落について分析している。1981年から20年間にわたり同社の会長兼CEOを務めた故ジャック・ウェルチと会ったこともあるコーハンに、メレディス・ウルフ・シザーが話を聞いた。

◇ ◇ ◇


――あなたは80年代、GEキャピタルに勤務していた。電球製造事業から始まった会社が、GEキャピタルという世界有数の金融機関を擁するようになったわけは?

GEキャピタルは大胆な賭けを恐れず、リスクに見合うリターンを求める組織で、そこがすごいと思っていた。

ジャック(・ウェルチ)が目を付けたのは、トリプルA評価企業だったGEの極めて低い資金調達コストと、融資先から得る利払いの差が生む利益だ。その優位を追求し、LBO(レバレッジド・バイアウト)融資など、各種の興味深い分野に参入した。

――現代では、ウェルチの経営手法のどこを見習うべきか。

誰にもまねできない方法で才能を発掘し、育成する能力だ。部下の提案に対して、ジャックは驚くほど柔軟でもあった。喜んで意見を聞くと言うCEOは大勢いるが、現実にはほとんど耳を傾けない。ジャックは実際にそうした。

――ウェルチのCEO就任当時と比べて、世界経済は米企業にとってより有利か。それとも不利になっているのか。

多くの米企業は物質面の競争優位性を維持している。今も最高の技術があり、最も冒険精神に富んだ起業家らがいて、最も称賛される資本市場を擁し、アイデアの成功によって得られる報酬は最も高い。

他国に追い上げられ、競争が厳しくなっているのは確かだが、今もアメリカには突出した創造性があると信じている。政治制度の内部崩壊を防げれば、という条件付きだが。

――ウェルチが世界最大の企業に育てたGEは、後任のジェフリー・イメルトの下で次第に崩壊していった。ウェルチは後任者を非難したが、イメルトの言い分は異なる。

よくあることだが、真実はその中間地点にある。

ジャックが自社を誇大宣伝し、金融アナリストや投資家を沸かせたのは間違いない。GEの評価は産業・金融企業としてはあまりに高すぎた。だが、それがジャック流の魔法だった。イーロン・マスクとテスラの場合と同様、人を信じさせることができた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

岸田首相、荒井秘書官を更迭 LGBTなどめぐる発言

ビジネス

データ会社ION攻撃のハッカー集団、身代金受け取り

ワールド

中国外務次官が訪ロ、ラブロフ外相らと協力促進を協議

ビジネス

マスク氏とテスラが勝訴、株式非公開化の「資金確保」

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    やりすぎたかも......美容整形を受けた男性セレブたち

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 9

    復帰した「世界一のモデル」 ノーブラ、Tバック、シ…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 10

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月