最新記事

事件

乗客レイプのUber運転手に終身刑で、問われる安全性

Uber Driver in India Sentenced to Life in Prison for Raping Passenger

急成長中の米配車アプリを使った犯罪は、果たして「強姦大国」インド特有の問題と言いきれるのか

2015年11月4日(水)14時34分
ルーシー・ウェストコット

氷山の一角 女性客をレイプしたウーバーの元運転手(右から3人目) Adnan Abidi- REUTERS

 インドのニューデリーで、配車サービス「ウーバー(Uber)」の元運転手が25歳の女性客をレイプしたとして有罪判決を受け、終身刑となった。

 ウーバーでタクシー運転手をしていたシブ・クマール・ヤダブ被告(32)は先月、レイプおよび脅迫、誘拐、傷害の4件で罪を問われ、有罪を言い渡された。被害者の女性によれば、2014年12月、ウーバーで勤務先から自宅までの配車をリクエストしたが、ヤダブに人気のない場所へ連れて行かれ、目が覚めたときにはヤダブが隣にいたという。被告は無罪を主張していた。

 今週、量刑を言い渡した裁判官は「(ヤダブは)自然死するまで収監される」と述べたと、アルジャジーラは報じている。AFPによれば、終身刑はレイプに対する判決としてインドでは最高刑とという。懲役刑に加え、2万1000ルピー(約3万9000円)の罰金も科せられたという。

営業停止となり、対策を打ち出したウーバー・インド

 本誌の取材に対し、ウーバー社はこの一件に関して新たな声明はないと返答した。先月のヤダフの有罪判決時には、ウーバー・インドのアミット・ジェイン社長が「レイプは不快極まりない犯罪であり、(ヤダブが)法の裁きを受けたことを歓迎する」と声明を出していた。

「ウーバーは安全性を重視している。この恐ろしい事件を教訓にして、当社は事件発生以降、運転手の身元確認の強化、年中無休・24時間のカスタマーサポートの改善など、多くの対策を行ってきた」と、ジェインの声明には記されている。

 ウーバーと他の同種のインターネット・タクシー配車サービスは、今回の事件後、デリーで一時的に営業停止処分となった。ウーバーは現在ではデリーでの営業を再開している。

 BBCによれば、今回のレイプ被害者はアメリカでもウーバー社(カリフォルニア州に本社がある)に対して訴訟を起こしたが、こちらは示談となっている。

 インドではここ数年、女性に対する暴力事件が相次いでおり、この事件は一連の悲惨なレイプ事件のひとつにすぎない。デリーの乗り合いバスの中で女子学生が集団レイプされて殺された2012年の事件は、特に世界に広く知れわたった。

 一方でウーバーには、運転手の身元にまつわる不安が指摘されてきた。ウーバーは2009年にアメリカで創業され、瞬く間に各国に広まったタクシー配車サービスだが、アプリで手軽に車を手配できる反面、一定の条件を満たせば誰でも契約運転手になれる不安もあった。利用者が事前に運転手の写真や評価を確認できるシステムはあるものの、運転手と乗客のトラブルが報告されてきたことも事実だ。

ニュース速報

ビジネス

日産全6工場で国内向け出荷停止、国の指摘後も無資格

ビジネス

米失業保険申請が44年ぶりの低水準、労働市場回復示

ビジネス

焦点:日銀社債オペ、神鋼債買入の見方広がる 投資家

ビジネス

三井生命、オープン外債1000億円以上増加=17年

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 5

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 8

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月