最新記事

ツイッター

フォロワー3万人買ってみた!

I Bought 27,000 Twitter Followers

大量生産された偽造アカウントをまとめ買いして人気者に成り済ました記者の赤裸々体験記

2012年11月16日(金)14時55分
セス・スティーブンソン(フリーランスライター)

 ツイッターをやっている人の約40%は、つぶやく(ツイートする)よりも他人のつぶやきを読むほうが楽しいと思っている。僕も同じだ。いろんな人のツイートに目を通して、重要なニュースや愛らしい動物の写真を見つけるのは、かなり楽しい。

 とはいえ、同僚のライターたちに何万人もフォロワーがいるのは内心羨ましいと思っていた。僕のフォロワーはたった1100人。まめに旬の話題をツイートしたり、誰かと知的なバトルを繰り広げれば、結構な数が集まるのかもしれない。

 でも、やりたいという気持ちはあっても、僕はそういうことを心から楽しむタイプではない。それにフリーランスライターの身としては、ただ働きのような気がしてしまう。そこで、インターネットで2万7000人のフォロワーを買うことにした。料金は202ドルだ。

 そんなことができると知ったのは今年7月、共和党大統領候補のミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事の選挙陣営が、ツイッターのフォロワーを購入した疑惑が持ち上がったときだ。8月にはニューヨーク・タイムズ紙が、「セレブや政治家、スタートアップ企業、ロックスターなど、ソーシャルメディア上に大きなプレゼンスがあると都合がいい人はみんな」フォロワーを買っていると報じた。

 では、買われるフォロワーの正体は何なのか。僕はファンミーナウ・ドットコムというサイトを運営しているアル・デルガドに聞いてみることにした。

 ここは僕がフォロワーを買ったサイトではないけれど、ツイッターのフォロワーのほかにもフェイスブックの「いいね!」の数やYouTubeの閲覧回数を売っていて、唯一電話がつながった会社だった。

偽物かどうかは判別不能

 デルガドによれば、購入できるツイッターのフォロワーは2種類ある。一方は、つぶやきの内容に関心がありそうな実在の人からなる「ターゲット・フォロワー」で、マーケティング会社が大金を積んで買っていく。

 もう一方は、単にフォロワー数を膨らませる偽造アカウントで、僕が買ったのはこちらのほうだ。デルガドはこうした偽造アカウントをインドから仕入れている。インドの技術屋たちが、機械的なコピーではなく本物の人間らしく見えるアカウントを大量生産しているのだ。

 デルガドの元には、毎日30〜35件の注文が舞い込む。たいていは1000〜5000の偽フォロワーを買う注文だが、「ときには100万フォロワーという注文もある」と彼は言う。「100万の値段は1300ドル。私の顧客はミュージシャンがほとんどだが、モデルやコメディアンやポルノ俳優も多い」

 偽フォロワーはフォロワーとして存在するだけで、何の活動もしない。僕のツイートをリツイート(引用)することはないし、僕がリンクを張った記事をチェックすることもない。

ニュース速報

ワールド

焦点:メルケル首相、新たな連立で欧州統合推進にブレ

ビジネス

インフレが上向く兆候ない=米ミネアポリス連銀総裁

ワールド

北朝鮮、米が宣戦布告と主張 爆撃機の撃墜含む対抗手

ビジネス

米国株式はハイテク株中心に下落、北朝鮮情勢緊迫化も

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 6

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 9

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月