最新記事

財政危機

国は破産でも意外に強いスペイン企業

Look on the Bright Side

ユーロ危機前、賢明にもコストを抑制していた大手輸出企業は今も好調。あとは内需の落ち込みにどこまで耐えられるかだ

2012年7月24日(火)15時17分
フィオナ・ブラボ

 サッカー欧州選手権で好スタートを切ったスペイン代表チーム。サッカー大国は沸きに沸くが、ユーロ危機真っただ中の国家経済に関しては暗い話ばかりだ。国債の3段階格下げに、銀行の資本増強のために1000億ユーロの支援とくれば、悲観論が広がっても仕方ない。だが「破綻近し」とささやかれるスペイン経済には楽観的要素もある。

 まずは輸出力だ。危機以前の数年間、スペインの賃金水準の上昇ペースはユーロ圏平均を上回っていたが、輸出企業大手は賢明にもコストを抑制していた。このため輸出産業はそこそこの競争力を保っている。

 スペイン第2位の銀行BBVAによれば、従業員250人以上のスペイン企業の生産性は、ドイツやイタリア、フランスと遜色ない。その結果、アジア企業の台頭後もグローバル市場で一定のシェアを維持。ドイツなどと肩を並べ、ユーロ圏の多くの国々を大きく引き離している。

 スペイン企業の競争力を示す好例が、「ZARA」で知られる衣料製造小売りのインディテックス社だ。ユーロ危機を巧みにかわし、今年第1四半期には大幅な増益さえ果たした。

 ただ問題はGDPの約30%を占める輸出が内需の落ち込みを相殺できないこと。それでも国内で好業績を挙げる企業もある。スーパーのメルカドナの昨年の売り上げは8%増の178億ユーロ。その独自の経営戦略は、アメリカの名門ビジネススクールで取り上げられているほどだ。

 もう1つの楽観要素は、スペインの経常赤字の対GDP比が、最悪だった07年の約10%から3%にまで大幅に縮小している点だ。この縮小幅はギリシャやポルトガルなどよりも大きい。

 とはいえ投資家が望むのは貿易不均衡の解消。輸入を減らすのも1つの手だが、もっと良い方法がある。メルカドナのファン・ロイグ会長が言うように、すべての国民が勤勉に働き生産性向上に努めることだ。

 労働市場の改革をはじめ、これまでにスペイン政府が断行した改革の効果が表れるまでには時間がかかるだろう。銀行の資本増強でいずれ信用収縮は解消されると思われるが、短期的には金利上昇が企業の資金調達を困難にするだろう。

 やはり当面は、前回のワールドカップの覇者であるサッカー代表チームの活躍だけが、スペイン人にとっての息抜きになるようだ。

[2012年6月27日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

金融庁、監査報告の長文化を検討へ 投資家への情報提

ビジネス

タカタが民事再生法申請、負債総額1.7兆円 会長は

ビジネス

日本マクドナルド、都内33店舗で「UberEATS

ワールド

北アイルランドのDUP党首、閣外協力で首相と26日

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 5

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 6

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 7

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    ブレグジット大惨事の回避策

  • 10

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月