最新記事

テレビ

Huluのサービス大放出は限界

放送から1日待てばほとんどの番組が無料で見放題だった動画配信サービスが、サービス改悪に着手したが

2012年7月11日(水)14時17分
ウィル・オリマス

うまみ減 有料版のHuluプラスが登場した裏には業界のさまざまな思惑が渦巻く Scott Eells-Bloomberg/Getty Images

 映画やテレビ番組が見放題の動画配信サービスHuluは、ユーザーにとってあまりにおいしい(日本では月額980円だが、アメリカでは無料)。最近少しうまみが減ったが、今のところまだまだ十分おいしい。

 ネット局とケーブル局のおびただしい数の番組を、無料で高解像度で、おまけに好きなときに見られるのだ。テレビよりはるかに魅力がある。ただし問題は、これからHuluがどうサービスを改悪するつもりかということだ。

 私はケーブルテレビに加入したことがない。年1000ドルほどの料金がばからしいと思うからだ。しかし仮に加入したとしても、08年にHuluが登場したときに間違いなく解約していただろう。Huluなら放送から1日待ちさえすれば、ケーブル局のほとんどの番組を無料で、どこででも見られる。

 ケーブルテレビには大きな欠点が3つある。面白い番組がなくてだらだらチャンネルを替え続ける、見たい番組が重なって家族げんかが起こる、基本プログラムにばか高い料金を取られる。この3つは、Huluを使えばすべて解決する。
しかし、これでは利用者に甘い汁を吸わせ過ぎだと、どうやらHuluは気付いたらしい。

 これがフェイスブックやYouTubeやアマゾンのような新興企業なら、市場を制するまで最高のサービスを続ければいい。それから上場して、ぼろ儲けの方法を考える。

 だが、Huluは新興企業ではない。NBCとニューズ・コーポレーション(FOXテレビの親会社)、ディズニー(ABCの親会社)、それに非公開投資会社を株主とする既存のメディア企業だ。なのに、新興企業のふりをしてメディアビジネスの古いモデルを守ってきた。

 だから、お楽しみは続かない。良過ぎるサービスを早くやめなくてはならない。そうでないと、親会社にしわ寄せが及ぶ。

 そこでHuluはサービス改悪に着手した。既に10年には、会員制有料サービス「Huluプラス」を導入している。

噂される次のステップ

 もともと「プラス」はHuluにはないサービスだけを提供していた。視聴できる人気番組の過去のシリーズを増やしたり、スマートフォンやブルーレイ、ビデオゲーム機での使い勝手を向上させたりした。

 だが今年になって、HuluプラスはこれまでHuluが無料でやってきたサービスに入り込み始めた。『Glee グリー』などのFOXの番組を翌日見られるのは、月7.99ドルを払うプラス会員だけになり、古いHuluのユーザーは8日後まで待たなくてはならなくなった。

 噂によれば、今後はHuluユーザーから「認証」を求めるネット局が増えるという。例えばABCのドラマ『モダン・ファミリー』を見るには、まずログインして、ケーブルか衛星放送サービスの有料会員であることを証明しなくてはならなくなるという。狙いは、増え続けるケーブル解約者にHuluの親会社の番組を無料では見せないようにすることだ。

 これは実にろくでもないアイデアで、人をばかにしている。今まで『モダン・ファミリー』のようなドラマは、テレビとアンテナがあれば誰でも無料で当日に視聴できたのだから。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=円続伸、政府関係者の発言受け

ビジネス

米ビザ、4─6月期は20%増益 外食・旅行の支出好

ビジネス

米FRB利下げ、9・12月の年内2回予想が大勢=金

ワールド

ハリス氏、支持率でトランプ氏を2%ポイントリード 
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    「これは無理」「消防署に電話を」出入口にのさばる…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中