コラム

都知事選の候補者は東京の2つの課題から逃げるな

2024年05月29日(水)12時00分
立憲民主党・蓮舫参院議員の都知事選出馬会見に集まった報道陣

立憲民主党・蓮舫参院議員の都知事選出馬会見に集まった報道陣(今月27日) Kazuki Oishi/SIPA USA/REUTERS

<東京一極集中と少子化という待ったなしの課題は十分に議論されていない>

4年の年月があっという間に経過して、再び都知事選の季節となりました。岸田政権が現職の小池知事の人気に乗じて都知事選と衆院選との同時選挙を狙うなどという噂もありましたが、諸条件が激変した現在は小池氏の再選も不透明となっています。そんな中で、立憲民主党の蓮舫参議院議員、改革派の石丸伸二・安芸高田市長、更には保守系の田母神俊雄氏まで参戦を表明、まるで衆院東京15区補選の拡大版といった様相を呈してきました。

この顔ぶれに、供託金を払ってでも参戦したい各種の候補が参加することで、いつものような虚しいな政治ショーが繰り返されそうです。虚しいというのは、他でもありません。現在の東京は大きな2つの問題を抱えており、真剣な政策の選択を必要としています。けれども、現時点での論戦ではこの2つの論点が十分に浮かび上がっていないからです。


 

問題の1つ目は、一極集中です。このまま一極集中が続けば、地方の衰退は加速するばかりです。対策は待ったなしですが、対策を実施して効果を上げるには、そもそも現在の一極集中の何がどう問題なのかを把握しなくてはなりません。各候補は一極集中への現状認識をまず表明して、これを受けた対策を公約すべきです。

企業と雇用が集中し過ぎているという認識であれば、地方への企業、雇用、人口の分散を進めることになります。ですが、この点に関しては半世紀前の田中角栄政権による「列島改造計画」にしても、大平正芳政権による「田園都市構想」も効果を上げることはできませんでした。今度こそ成功させるにはどうしたら良いのか、説得力のある提案が必要です。

高齢化で東京の財政は一気に苦しくなる

地方には男尊女卑や年長者支配といった封建制の名残りがあり、これが改革を遅らせて人材流出を絶望的なまでに加速しているという認識もあります。そうであるなら、東京の先進的な企業や集団が地方のコミュニティにおける多数派を奪取しつつ、地方を改革して東京からの分散の受け皿にするという発想もあるでしょう。

一極集中はしていても、その中身がダメという認識もありそうです。そもそもDXが遅れて紙とハンコと対面コミュニケーションが残り、そのために物理的に近い東京という空間に、企業や官庁が後ろ向きの一極集中をしているというストーリーです。この場合は東京の効率性を一気に高めて、人材を地方に回すという発想もあり得ます。

いやいや東京には余裕はないという意見もあります。このまま、単身高齢世帯が加速度的に増加して税収より歳出が増えれば財政的には苦しくなります。それを支えようにも、国際基準から見たらDXも準英語圏化も遅れているのは事実。ならば、地方を切り捨ててでも、東京は真の経済成長を目指さないと十数年で崩壊してしまうという議論もあり得ます。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 2
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 3
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 4
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳…
  • 8
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 9
    和歌山カレー事件は冤罪か?『マミー』を観れば死刑…
  • 10
    南シナ海で睨みを利かす中国海警局の「モンスター船…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 5
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 6
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 7
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 8
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 9
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story