コラム

日本の「コロナ出口戦略」における3つの問題

2022年11月30日(水)15時00分

集団免疫が獲得できていない日本では「出口戦略」がより困難に Kim Kyung Hoon/iStock.

<感染対策が感情的な「安心」対策へとシフトしていることの難しさ>

アメリカにおけるワールドシリーズなどの野球観戦、そして今回のカタールW杯でもそうですが、世界の多くの国々では大観衆を入れたスポーツイベントがマスクなし、声出しもありという「ノーマルモード」で開催されています。

そうした光景と比較しますと、ゼロコロナ政策により14億人という抗体価の低い集団を作り出してしまった中国は別として、日本の現状は難しさを抱えているように思います。つまり、なかなかコロナの「出口戦略」が見通せないからです。

問題は3つあるように思います。

1つはワクチン戦略です。アメリカの場合は反ワクチンの陰謀論は、右派にも左派にもあり、接種率は最低2回接種で68%と伸び悩んでいます。3回接種者になると34%しかありません。ですが、良くも悪くも感染を経験したことによる高い抗体値を持つ人口があること、感染を広げやすい5~11歳という児童の接種率が32%確保できていることなどから、トータルの「集団免疫」がある程度機能していると考えられます。

現在は、オミクロンのBA4.5からB1.1などの影響で、感染数は全国の合計では増加傾向にありますが、サイクルの早い東海岸では再生産率が0.87程度まで下がっており、日本の「第8波」ほどの大きな波にはなっていません。

日本の集団免疫は低いまま

一方で、日本の場合は3年にわたって欧米より徹底した感染対策が取られてきたこともあって、社会的な集団免疫は低いままです。一方で、感染力の強いオミクロン系統の場合は、マイクロ飛沫で広がることが想定され、クラシックな飛沫対策では対抗に限度がありそうです。だからこそ、ワクチンの接種率を高めていくことは必要と考えられます。

ですが、ここへ来て日本政府は「1・2回目を打たないと3・4・5回目へは進めない」という原則を維持している中で、「1・2回目接種は年内終了」という方針が取られています。これでは、3・4・5回目を打って免疫の壁をフレッシュに維持しようにも、その全体数はこれ以上拡大しません。

加えて、19%程度と言われる5~11歳の接種率ももう少し上げたいところです。いつの間にか「ワクチン担当大臣」というのも廃止になっていますし、岸田政権としては「ヤル気のなさ」が目立ちます。これ以上、接種を進めるには「ワクチンへの不信」を抱えた層を説得しなくてはならず、そんな政治的な無理はしたくないのかもしれませんが、冷静になって方針の再検討をお願いしたいところです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:チャットGPT人気につられ中国でAI関連

ワールド

独仏、米高官と補助金巡り協議 透明性確保で合意も具

ワールド

バイデン米大統領、一般教書演説で共和党に協力呼びか

ワールド

中国が電話協議を拒否、偵察気球巡り=米国防総省

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中