コラム

2024年大統領選、バイデンは立候補するのかしないのか

2022年09月21日(水)10時45分

今出馬を表明すると中間選挙で票が減る? Jonathan Ernst-REUTERS

<この時点でバイデンが次期大統領選に「出馬するかどうか白紙」と表明するのは、極めて不自然なこと>

アメリカで新たな大統領が選出された場合、当初から4年後の次の選挙を意識することになります。就任2年後の中間選挙で苦戦しても、その後は巻き返して「再選」を目指すというのが当然とされています。

ちなみに、再選にチャレンジして落選した大統領というのは、戦後で考えてみると意外に少なく、カーター、ブッシュ(父)、トランプの3人しかいません。現職が負けるというのも異例なら、そもそも現職が出馬断念に追い込まれるとか、予備選で負けるということも非常にまれです。

戦後の米政治史で、出馬断念に追い込まれた大統領は、リンドン・ジョンソンだけです。彼は、1963年にケネディ大統領が暗殺された時に、副大統領から昇格しましたが、その際にケネディから引き継いだ残りの任期が2年未満だったので、64年の選挙で勝った4年後の1968年にも出馬の権利がありました。ですが、ベトナム戦争の泥沼化の責任を取る格好で、出馬を辞退しました。

ですから、仮に一期目の大統領が、再選をかけた選挙に出ないで4年1期で引退するとなれば、これは戦後初であり、非常に珍しいことになります。

現在、ジョー・バイデン大統領の状況は、その瀬戸際と言えます。

高齢批判の深層心理

まず、世論調査の数字が危険信号となっています。支持率の低下は、ここへ来てインフレがやや鎮静化したので、42%前後で下げ止まっています。ですが、例えば、CNNの世論調査によれば民主党支持者の75%が「バイデン続投を望んでいない」などという数字が出ています。NPR(公共放送)の調査では、若者世代におけるバイデン大統領への積極的な支持は5%だけというデータもあります。

理由は何かというと、高齢批判です。大統領にとって厄介なのは、この「高齢批判」が二重構造になっているということです。

どういうことかというと、表面上では健康や判断力低下への不安があります。具体的には、大統領が自転車で転んだとか、コロナに感染して隔離されたなどというニュースが流れると、支持率は下降するわけです。ですが、若者層の声を総合すると、大統領に健康不安があるから心配という心理の奥には、世代が違いすぎて自分たちの声が届かないという強い不満があるというのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

トルコ沖のタンカー滞留、原因は原油価格上限ではない

ビジネス

仏トタルエナジー、ロシアのノバテックから撤退 評価

ワールド

中国とサウジ、世界石油市場安定の重要性を確認=共同

ワールド

インド首相、プーチン氏との首脳会談を今年は見送り=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 6

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 9

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 10

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中