コラム

熱中症患者を氷風呂に入れる「冷水イマージョン」は日本でも行うべき?

2022年06月29日(水)12時00分

日本では普及していない治療法「冷水イマージョン」 YvanDube/iStock.

<10度前後の冷水に全身を浸すことで、深部体温を危険ゾーンから下げることがその目的>

6月20日から27日の1週間における日本全国の熱中症による搬送者数は、合計で4551人となり、6月の1週間の数字としては過去最多だったそうです。(消防庁発表の速報値)このうち重症は89人、中等症は1418人で、4人が死亡しています。非常に厳しい状況です。

この熱中症の治療法として、アメリカでは「冷水イマージョン」という手段がよく使われています。摂氏10度程度の冷水に全身を浸すことで、深部体温を危険ゾーンからできるだけ早く安全ゾーンに下げるのが目的です。体温の上昇した患者を浸すと冷水の温度は上昇してしまいます。そこで、氷を追加で投入します。

つまり「氷風呂(アイスバス)」にするわけです。患者を包むように水の表面を氷で敷き詰めて、溶けた分はどんどん氷を補充して水の表面が氷で覆われている状態にします。それでやっと水温摂氏10度という適正値が維持できるとされています。

全国の救急隊(EMS)は州ごとに定められたオペレーション・マニュアルに従って、救急活動をしていますが、多くの州のマニュアルには「冷水イマージョン」を必ず実施するように記されています。

熱中症の救命は「時間との戦い」

理由は「深部体温(コア体温)」が摂氏40.5度を超えると危険ゾーンに入り、そのまま30分が経過すると大脳の細胞が不可逆な損傷を受けて、重篤な状態になるからです。熱中症の重症例では、意識が朦朧とし、発汗が失われることは知られていますが、そうした症状が出たら深部体温が危険ゾーンに入っている可能性が高いわけです。

ということは、病院に搬送する前であっても、とにかく「30分というリミット」以内に体温を下げる、その時間との戦いが救命の成否を分けると考えられています。具体的には30分以内に深部体温を38.6度以下にまで冷却することが絶対的な目標とされており、この「時間との戦い」ということも、多くのマニュアルには繰り返し強調されています。

もう1つ、重視されているのが深部体温の測定です。皮膚体温の場合は、どうしても誤差がありますから、熱中症の診断時には直腸温の測定が必要とされています。つまり、熱中症の重症が疑われたら直腸温を測り、危険ゾーンに入っていたら氷風呂で冷却するというのがセオリーです。

以前は、氷水に全身を浸すのは、血管の収縮を招くので全身の冷却には逆効果という説が信じられていました。ですが、2005年に英国の研究者が論文でこれを否定し、改めて「冷水イマージョン」法がベストと主張しました。以降は、この学説が広く受け入れられています。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米インフレ2%回帰へ一段の利上げ必要、指標注視=リ

ビジネス

米ミシガン大消費者信頼感、8月は55.1に上昇 予

ワールド

ウクライナ、国連・赤十字にロシア軍捕虜収容所への代

ワールド

ロシア、中国などの「友好国」通貨購入を検討 政府系

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中