コラム

トランプ施政方針演説、依然として見えない政策の中身

2017年03月02日(木)17時15分
トランプ施政方針演説、依然として見えない政策の中身

就任後初の施政方針演説は「大統領らしい」と好評だった Jim Lo Scalzo-REUTERS

<就任後初の施政方針演説は意外にも好評だったが、オバマケア廃止後の医療保険をどうするか、移民政策をどうするか、依然として政策の具体的な中身は見えてこない>

今週火曜28日の夜、トランプ大統領は就任後初の上下両院議会演説に臨みました。一夜明けたアメリカでの報道は、意外に好評で「大統領らしい」とか「暴言を止めて少し成長した」「分断から和解をというメッセージは良かった」というような評価が見られます。

ただ、演説の内容については、メリハリがなく具体案があまりに乏しかったと思います。演説そのものも、いつもの勢いはなく終始硬さが取れない感じで、特に最後の方は精彩を欠いていました。

具体案が見えないと言いましたが、具体性にかけるスピーチというのは、世界中の政治家によくあるもので、特に珍しくはありません。ですが、トランプ大統領の場合は、本人と周囲の発言にズレがあることが多く、今回の演説も、例えば政権周辺からの発言や大統領の過去の発言と照らし合わせると、一貫性に欠けるものが多いのです。そのために、発言に説得力が感じられません。

まず、気になるのが予算の策定方針です。トランプ大統領は、昨年11月9日未明の大統領選の勝利宣言で、国内インフラ更新へ大規模な投資をすることを言明しています。ところが、今週27日の全国知事会議でのスピーチでは「思い切った軍拡を行う」として軍事費を540億ドル(約6兆円)拡大すると言明、さらに「その他の費用は圧縮する」と語りました。

【参考記事】トランプにブーイングした「白ジャケット」の女性たち

それにもかかわらず、その翌日の議会演説では再び「国内のインフラ更新に投資」するという話に戻ったばかりか、前日の「大軍拡、その他は圧縮」という発言との整合性を取る姿勢も見せませんでした。

オバマ政権が施行した医療保険改革、俗に言うオバマケアの「廃止と置き換え」つまり改訂については、演説の中でかなり具体的な提案をしていました。ですが、加入者の負担を軽減し、難病に罹患している人を新規に保険に入れるようにし、その一方で入りたくない人の自由も認めるというのでは、どう考えても追加財源が必要になります。

一部には貧困者向けの健康保険(メディケイド)を改悪して捻出するという噂もありますが、そこには触れていません。ということは、要するに具体案は全く煮詰まっていないと言えるのだと思います。

移民政策については、矛盾だらけという印象です。まず、トランプ政権は、1月下旬から「微罪でも犯歴があれば強制送還」という政策を「法律通り執行」するとして、強化しています。大統領は「軍隊も動員するし、最終的には100万人単位の強制送還もあり得る」と話していました。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

中国をA+に1段階格下げ、信用拡大リスク指摘=S&

ビジネス

日銀が政策維持、片岡委員「不十分」と反対 総裁「緩

ワールド

フィリピン中銀、予想通り金利据え置き インフレ予想

ワールド

スウェーデン中銀、当面は現行政策を維持=議事要旨

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演説で

  • 4

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 5

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 6

    日本が急接近するインドが「対中国」で頼りにならな…

  • 7

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 8

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 9

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 10

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 5

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 6

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 9

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 10

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 5

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!