最新記事

アメリカ政治

トランプにブーイングした「白ジャケット」の女性たち

2017年3月1日(水)20時37分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

トランプが議会演説でオバマケア廃止に言及した際、ブーイングをした女性議員たち(2017年2月28日) CNN-YouTubeより

<トランプ大統領が議会で行った施政方針演説の際に目立った「白い服装で揃えた」女性議員の姿。彼女たちは何者で、何が目的だったのか>

ドナルド・トランプ米大統領が2月28日夜(日本時間3月1日午前)、初の施政方針演説に臨んだ。米議会上下両院本会議で、共和・民主両党の議員たちを前に、約1時間にわたり熱弁を振るった。

就任から約40日間、大統領令を乱発し、各国首脳と会談も重ねてきたトランプだが、これまでは具体的にどんな政策を打ち出し、何を優先課題として取り組むのか、はっきりしないところがあった。

この議会演説では、中間層向けの大幅減税や1兆ドル規模のインフラ投資、広範な移民制度改革などを約束。それでもまだ具体論に欠けるとの評も多いが、議場では共和党議員からの拍手喝采が続いた。

nc170301-sub.jpg

演説を行うトランプ大統領。後方左はペンス副大統領で、右がライアン下院議長(2017年2月28日) Jim Lo Scalzo-REUTERS

なかでも共和党議員団から大きな歓声が上がったのは、オバマケア(オバマ前政権による医療保険制度改革)の廃止に言及した時だ。「政府が承認した医療保険を国民全員に買わせるやり方は、アメリカにとって正しい解決策ではない」と述べ、スタンディングオベーションを受けた。

【参考記事】トランプ米大統領が議会演説、移民制度改革や減税表明

その時、議場の反対側では、ブーイングのジェスチャーをする女性たちがいた。全員が白い服装......よく見ると、他にも多数、白いジャケットの女性が。

彼女たちは何者で、なぜ服装を白で揃えているのだろうか?

民主党の女性議員たちだ。下院民主党女性作業部会のメンバーである66人の議員の多くが、20世紀初頭の婦人参政権運動への賛意を示し、純潔のシンボルである「白」のジャケットで揃えていたのである。

「前世紀に女性たちが成し遂げた素晴らしい進歩を後退させようとするトランプ政権に対抗するため、私たちは白い服を着て一致団結する」と、作業部会の長を務めるロイス・フランケル民主党下院議員は声明で述べていた。「すべての女性の進歩をこれからも支持し続ける」

「私たちは今晩、そうじゃない大統領を前にして、民主党の #女性が白を着る で女性の権利を支持する!」(ナンシー・ペロシ下院少数党院内総務の演説前のツイート)

女性の権利を支持する人々にとって、女性蔑視発言を行ったトランプへの反発はいまも根強い。1月の就任式翌日には、全米の主要都市で女性を中心とした反トランプ・デモが行われ、首都ワシントンだけでも20万人以上が集まった。

CNNによれば、アメリカの歴史上、「白」は女性の政治参加を象徴する色であり続けてきた。昨年の大統領選でも、民主党のヒラリー・クリントンは大統領候補指名を受諾した際、白のパンツスーツ姿だったし、投票日当日には#WearWhiteToVote(白を着て投票へ行こう)というハッシュタグの運動が展開された。

今回の議会演説でも、白で揃えた数十人の女性議員の姿はかなり目立っており、視聴者に強い印象を残したかもしれない。

ニュース速報

ワールド

アイルランド、政権崩壊の危機 12月のEUサミット

ビジネス

ファミマがコインランドリー事業に参入、20年2月末

ワールド

米国は強力なアジア関与を、中国の影響力拡大に懸念=

ビジネス

イタリア、17年成長率は1.5%上回る可能性─パド

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 3

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 4

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 7

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 8

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視…

  • 9

    もう体に合わないことはない! ZOZO、採寸用ボディ…

  • 10

    NYは毒入りリンゴ? 子ども5400人が鉛中毒に

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 8

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月