コラム

手詰まり感が濃厚になった北陸新幹線の「福井先行開業」

2015年06月04日(木)13時29分

 今年2015年3月14日に長野~金沢間が延伸開業した北陸新幹線は、現時点では西へ延ばし福井経由で敦賀までのフル規格整備が決まっています。建設を担当する鉄道・運輸機構も、開業後実際に運行するJR西日本も「金沢~敦賀間は2022年に開業」という計画を前提に工事や準備を進めていました。

 ところが、今年に入って雲行きが変わって来ました。自民党内の「与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム」の座長が、亡くなった町村信孝前衆院議長から稲田朋美政調会長に変わると共に、「福井先行開業」の声が大きくなってきたのです。目標は「2020年、オリンピックの年」に福井先行開業を実現するというのです。

 この「金沢~福井間」ですが、既に様々な準備はされています。例えば、今回の金沢延伸に伴って建設された「白山車両基地」は金沢駅から福井へ向かって約10キロ西へ行ったところにありますから、この区間は既に完成しているわけです。また福井駅やその周辺も一部の高架橋などの整備は先行しています。

 ですが、建設計画はあくまで「金沢~敦賀」ということで進んでいました。というのは、暫定的であれ、福井が終点になるのであれば「折り返し用の留置線」が必要になるからです。現在の計画では福井駅は「ホームが1つ」の「1面2線」という設計になっており、留置線の計画はありません。それどころか、現在その「新幹線福井駅」の構造はほぼ完成しているのです。

 ホームを「2面4線」にしておけば良かったのかもしれませんが、そうなると「高速での通過」が可能となり、仮に敦賀の先も完成して大阪や京都から北陸方面に向かう新幹線ができた時に「速達型が停車しない」可能性があるわけです。福井が早々に「1面2線」の駅を作ってしまったのには、「全列車を停車させる」という「決意」を示すという事情もあったのでしょう。

 このまま「留置線」がないままに「終点」としてしまうと、色々な問題が生じます。例えば22~23時台に異常気象などでダイヤが乱れた場合、下りの最終が来ていないと翌朝のダイヤの回復ができない、あるいは車両点検が必要な場合に場所がないなど、とにかく「終点駅には留置線が必要」です。そして夜間も含めて、常に予備の編成を留置しておくことが鉄則なのです。

 この「留置線」ですが、福井駅の周辺で用地を検討していたのですが、適当な場所がないことから、6月1日のミーティングでは候補地として、鉄道・運輸機構サイドから福井の北15キロほどの「あわら市近辺の水田地帯でどうか」という提案があったそうです。これに対して与党自民党の議員たちからは「一歩一歩前進」だとか「技術的な問題はない」などの発言が出た、中日新聞の電子版はそう伝えています。

 では、本当に問題はないのでしょうか? 実は、たくさんあります。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

ECB、金融政策据え置き 総裁「回復定着へ忍耐強く

ビジネス

英国は重大な変化の時期に直面=メイ首相

ワールド

香港の行政長官選、前財政官が出馬を正式表明

ビジネス

英財務相、競争力維持へ「他の方法も」 貿易協定巡り

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差への処方箋

  • 2

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない」悲哀

  • 3

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 4

    【ダボス会議】中国が自由経済圏の救世主という不条理

  • 5

    トランプ支持者が抱える、ある深刻な分裂

  • 6

    「大統領弾劾」の余波が日韓の雪解けを直撃する

  • 7

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き…

  • 8

    スーパー耐性菌の脅威:米国で使える抗生物質がすべ…

  • 9

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 10

    ロボット化する社員が企業の倫理的問題を招く

  • 1

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 2

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 3

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき」中国紙が警告

  • 4

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 5

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 6

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 7

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 8

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 9

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 10

    共和党が議会を握っても、オバマケアは廃止できない?

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 5

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!