コラム

ボストン・マラソン爆弾テロ、事件当夜のアメリカ

2013年04月16日(火)13時41分

(※速報です。あくまで現地時間の事件当日4月15日の22時半現在の情報に基づいての記述であることをご承知置きください。)

 有名なマラソンの世界大会であるボストン・マラソンのゴールは、ボストンの中心街であるコプレイ広場近辺に設定されています。今回の大会は、4月15日の月曜日、約2万7000人がエントリするという規模で行われ、晴天に恵まれて大会は進行していました。スタートは、午前9時から断続的に行われ、優良タイムの「エリート男子」は10時のスタートで12時台にはこの集団がゴール、以降は順次いわゆる「市民ランナー」がゴールを続けていたのです。

 事件が起きたのは東部時間の午後3時過ぎ、まずゴール直前の観客席の設定されている歩道のゴミ箱で爆発が起き、その約10秒後にランナーにとっては、ゴールより少し手前の別の場所で爆発が起きたのです。直後には「ガス爆発では?」とか「イベント用の発電機が爆発したのでは?」(いずれもCNN)という見方もあったのですが、ほぼ同時に2カ所で爆発があったことと、捜査当局が他に2つの爆発物を発見していることから爆弾テロであることはほぼ確実視されています。(もう1カ所、近隣の図書館での爆発は事故であり無関係ということです)

 その後、被害の状況は拡大していき、現時点(当日の22時半)では8歳の男の子を含む死者3名のほか、負傷者は141名(うち17名が重傷)という規模となっています。ボストン市警は、市内中心部での外出を禁止すると共に、爆発物の遠隔操作をおそれて携帯電話の使用を禁止、また事件現場上空は「飛行禁止区域」に設定したようです。

 この事件を受けて、NYをはじめアメリカ北東部では「テロへの警戒態勢」が取られていますし、オバマ大統領もすぐに会見を行なって、事実の解明と、犯人への厳正な処断をすると表明しています。

 現時点で分かっているのは、次のような事実です。

(1)現時点で、犯行声明は一切なし。

(2)爆発物は衝撃波を強めたものではなく「高度な爆弾」とは言えない。

(3)一方で、殺傷力を高めるためにベアリング用のスチールボールを混ぜていることから「全くの素人」とも言えないし、悪質性が高い。

(4)ボストン市警が「重要参考人を拘束」(現地19時半現在、連邦下院のマイケル・マッコール国土安全保障委員会委員長の発言)という情報があったが、真偽は不明。続報もなし。(21時半現在)

(5)その一方で現地の21時前後から「州警察とFBIのジョイントチームで監視カメラ映像の解析が始まった」というニュースも流れている。

(6)現場に「不審な引越しトラック」が出入りしていたという情報があり、当局はそのトラックを捜索中。(現地21時過ぎ)

(7)足を負傷したサウジ国籍の男性が病院で当局の監視下にあるという情報もあるが、詳細は不明。(現地21時)

 ところで、現在のアメリカは「ポスト9・11」という時代から脱したわけではありません。ですから、直後には「イスラム原理主義者のテロ」という「第1印象」を持った人が多いようです。例えばCNNでは「仮にイスラム原理主義者の犯行なら、どうしてイスラム圏から大勢の選手が参加している国際大会を狙ったのか?」という「憤り」のコメントが出ていました。(直後の現地15時台)

 ですが、その後「犯人は国外、国内双方の可能性から捜査」という声が高まり、上記のマッコール議員(共和党、テキサス州選出)なども「2001年の炭疽菌テロ事件のように、捜査が混乱してはならない」という発言をしています。

 では、仮に「イスラム原理主義者」以外ということになると、どのような可能性があるのでしょうか? 1つ言われているのは、この4月15日というのは「4月19日」という忌まわしい日付に近いということです。

 まず1993年の4月19日にテキサス州のウェイコ近郊にあった「終末論宗教」のブランチ・ダビディアンという教団が、連邦政府のATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締り局)と銃撃戦の結果、ほぼ全滅して81名の死者を出したという事件がありました。

 更にこの事件のことを「連邦政府が人民を虐殺した」として、以降激しい憎悪を連邦政府に向けていた帰還兵のティモシー・マクベイという白人の若者が、この「ブランチ・ダビディアンの命日」である2年後の1995年4月19日に、オクラホマにあった連邦政府のビルを爆破しています。168人の犠牲者を出した「オクラホマシティ連邦政府ビル爆破テロ」事件です。

 1つの可能性は、この2つの事件に影響を受けた人物が、その「4月19日」に近い日付にあったこのイベントを狙ったというストーリーです。

 もう1つ考えられるのは、同じような「国際的なスポーツ大会」を狙った爆弾テロとして、1996年のアトランタ五輪での爆弾テロという事件に影響を受けたという可能性です。それは、1996年7月27日にオリンピックの開催中に会場内の広場に爆弾を仕掛け、2名が死亡、111人が負傷したという事件でした。

 このアトランタの事件ですが、衝撃波の弱い爆弾であったにも関わらず、飛散させるために釘を入れていること(今回のボストンの場合はベアリングの小さな球)、比較的安易な爆弾の設置がされていること(アトランタはベンチの下、今回のボストンはゴミ箱)など、今回の事件との類似性を指摘することができます。

 ちなみに、このアトランタの事件の犯人であるエリック・ルドルフは犯行の理由として「オリンピックというのは、グローバル主義者や他国籍企業が、ジョン・レノンの『イマジン』にあるような国際的な社会主義を実現する陰謀の場」であり、それが「妊娠中絶を容認する勢力」と結びついているから「大会の中止に追い込まなくてはならなかった」という「声明」を発表しています。そのような「価値観」に共感するような人物なら、「典型的なリベラルの街」であるボストンでの国際的なスポーツ大会を憎悪の対象とした可能性は、とりあえず説明はつきそうです。

 その一方で、本稿の時点では、捜査当局は「外国人アクセントのある褐色の肌の男」を追っている(20時35分過ぎ、CNN)という情報も入ってきています。爆発の5分前に立ち入り禁止区域に入ろうとした男で、黒いバックパックを背負っていたというのですが、この情報も詳細は不明、というところです。

 いずれにしても、「4月19日」という日付であるとか「アトランタ」の事件に影響された国内テロリストの犯行なのか、「外国人アクセントのある褐色の肌の男」や「負傷したサウジ国籍の男性」という「もしかしたらイスラム原理主義者?」というニュアンスの国外犯の犯行なのか、とりあえずはこの「2つのストーリー」を仮説として捜査が進む可能性があります。

 ただ、そうした予見にこだわり過ぎると2001年に発生した「炭疽菌テロ事件」のように、2008年に犯人(アメリカ人の科学者、つまり純粋な国内犯)が自殺するまで捜査が迷走するという危険もあるわけです。マッコール議員は、そうした可能性を指摘しているわけです。

 それはともかく、今回の事件にあたっては、無事であったマラソン参加者の多くが病院に直行して献血をしており、医療関係者からは感謝の声が出ている一方で、ボストン地区の病院の緊急救命体制は優秀であり、現在はそれがフル稼働しているという報道もあります。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

インドネシア貿易黒字、3月は予想上回る 輸入が減少

ワールド

スイス中銀、国内銀の最低準備金引き上げ 利払い負担

ビジネス

超長期中心に円債投資も残高は減、金利上昇局面で積み

ワールド

台湾輸出受注、3月前年比1.2%増で予想下回る 当
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 3

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 4

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 5

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 6

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 7

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 8

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    『関心領域』ゲストトーク付き特別試写会 50組100名…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 10

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story