コラム

上院議員候補の「レイプ暴言」、大統領選への影響は?

2012年08月22日(水)10時57分

 今年11月の総選挙へ向けて、共和党からミズーリ州の連邦上院議員選挙に出馬しているトッド・エイキン候補の「レイプ暴言」は、全米のトップ記事を独占しています。このままですと、同候補は天王山選挙区の1つであるミズーリで敗北し、共和党の上院での多数派奪還に黄信号が灯ることになります。そのために、同党の多くの議員たち、そしてお膝元のミズーリの共和党の元議員や現職の議員たちは「エイキン候補の辞退」を要求していますが、本稿の時点ではあくまで「居座り」の構えです。

 さてこの「事件」ですが、19日(日)のTVインタビューで、同候補が "From what I understand from doctors, that's really rare. If it's a legitimate rape, the female body has ways to try to shut that whole thing down."(私が医者に聞いたところでは、女性の身体は『まともな』レイプをされた場合なら自動的に拒絶反応を起こすので妊娠することはない)と発言したというものです。

 ちなみに、この部分ばかりが強調されていますが、彼の「言いたいこと」というのは、その続きにあるようです。"But let's assume that maybe that didn't work or something. I think there should be some punishment, but the punishment ought to be on the rapist and not attacking the child."「しかし、仮にその拒絶反応が働かないか、何か別のことが起きてしまって妊娠してしまったとしよう。この場合は懲罰が必要だ。だが、罰せられるべきはレイプ犯であって胎児ではない」つまりレイプ被害によって妊娠した場合であっても、妊娠中絶は認められないというのです。

 勿論、全米の中道から左の世論が怒っているのは「まともな(レジティメイト)レイプなら妊娠しない」という「トンデモ」の部分なわけですが、本人としては後半の自分の主張を強調するために、口が滑ったということのようです。そのため、発言に関しては陳謝しているものの、現時点での候補辞退は断固拒否の構えを続けているのです。

 このエイキン候補はティーパーティー系の現職の下院議員(同じくミズーリ選出)ですが、ちなみに、この発言に関しては彼の独創ではなく、一応ネタ元があるようです。反妊娠中絶の論客で、一応「医学博士」だというジョン・C・ウィルクという人物がそのような理論を公言しており、そちらに影響を受けての暴言であったという報道があります。

 非常に分かりにくい事件ですが、事件に付随して2点だけ注釈をしておきたいと思います。この発言自体は「トンデモ」でしかありませんが、主旨としてはレイプ被害による妊娠でも中絶は禁止したいというイデオロギーを訴えたいわけです。1つは、アメリカの「妊娠中絶反対派」はどうしてそこまで「思い詰めるのか?」という問題です。

 宗教的狂信だと言えばそれまでですが、要するに彼等は「胎児の生命の尊厳」に自分のアイデンティティを投影してしまっているのです。その結果として、「女性の権利だとして胎児殺戮の自由を正当化」しているリベラル派は「自分たちを含む人命への攻撃」をしているというロジックになるわけです。そのイデオロギー性がエスカレートした結果、レイプ被害による妊娠時も中絶はダメという主張になっているのです。

 もう1つは、仮にレイプ被害の結果として子供が生まれてきてしまった場合は、その母親も子供も一生苦しむのではないかという問題です。私はこうした宗教保守派を支持してはいませんが、彼等の名誉のために付け加えるなら、この点に関して言えば「受け皿のインフラ」を宗教保守派のコミュニティは持っています。被害女性に対するカウンセリング体制も、養子縁組のシステムも、十分な愛情で養子を育てる養父母候補の存在ということも一応揃っているのです。

 ですから、「イデオロギーによる自己満足のために中絶を禁止し」レイプ被害の結果として生まれた子とその母親のその後の人生には「知らんぷり」ということでは「ない」ということは言えるのです。

 そうではあるのですが、この「レイプ被害の妊娠でも産め」という主張自体が世界的な常識からすれば異常であるのは間違いありません。また、特に問題になっている「医学的見解」に関しては言語道断です。オバマ大統領を先頭に、民主党側は「女性の人権に無自覚な共和党」という攻撃を強めています。

 さて、来週にはフロリダ州のタンパで共和党の全国大会が行われますが、その直前のこのゴタゴタは、共和党とロムニー候補にダメージを与えることになるでしょうか? 共和党の「上院過半数」奪取作戦には影響があるでしょうが、ロムニー候補への影響は軽微だと思います。

 というのは、今回の「事件」をキッカケとして、ロムニー候補は正々堂々と「レイプ被害時の妊娠中絶には賛成」というコメントを出すことができたからです。ロムニー候補に関しては、マサチューセッツ州の知事時代に「妊娠中絶を容認していた疑惑」というのが共和党内でくすぶっていたのですが、これで「中絶には反対。但しレイプ被害時は容認」という言い方で「やや中道寄りのポジション」で胸を張れることになります。

 仮にエイキン失言がなければ、ロムニー候補は「レイプ被害の場合は中絶容認」ということをハッキリ言い出すには相当にタイミングに留意しなくてはならなかったと思いますが、その問題をスルーできたということです。

 また、エイキン発言が「余りにトンデモ」であったために、オバマがこの問題を持ち上げても、中道票にはそれほど響かないでしょう。ロムニーやライアンを含む共和党は「そこまで頑迷ではない」ということを中道票は分かっているからです。むしろ、この問題で余りに深追いをすると、オバマ陣営はロムニー側の財政規律論議から逃げているという印象を与える可能性があるようにも思います。

 そんなわけで、上院選に関しては「エイキン下ろし」が長期化した場合には、共和党のダメージコントロールは難しくなると思います。ですが、大統領選に関して言えば、この事件は、ロムニーが中道寄りのポジションを固めるキッカケになったと見ることが可能であり、影響は軽微と考えるのが妥当でしょう。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場は反落、金融株の勢い止まる

ビジネス

ドル下落、雇用統計受け利上げペースに疑問=NY市場

ビジネス

トランプ氏が雇用創出諮問委、委員に米主要企業のトッ

ワールド

ロシアの原油生産が記録的水準、約束の減産控え

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 2

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃなかった

  • 3

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 4

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 5

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 6

    トランプの外交政策は孤立主義か拡張主義か

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 10

    【動画】 ペットボトルを便利なヒモに変身させるカッ…

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系…

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 9

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 10

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!