コラム

ジョン・エドワーズ裁判、大統領候補の転落

2012年05月16日(水)11時32分

 ジョン・エドワーズといえば、2004年の大統領選挙では予備選での善戦を受けてジョン・ケリーの副大統領候補となるなどアメリカ民主党の「ホープ」の1人でした。落選後も人気は衰えず2008年の予備選でも大統領候補へのチャレンジを続けたのです。とりわけ、乳ガンとの闘病を続けたエリザベス夫人との「おしどり」ぶりは有名でした。

 この夫婦に関しては、長男を若くして交通事故で失っているというエピソードが有名です。その痛みを共有しつつ、その痛みをバネに「お金のための弁護士生活」から「公益のための政治家活動」へと夫婦で転身したこと、悲しみを乗り越える中で不妊治療を受けて幼い2人の子を授かったことなどが、感動のストーリーとして語られていたのです。

 ですが、その後のエドワーズの運命は正に地獄へと暗転したのです。まず夫人の病状再発を受けて選挙戦から撤退、その後に選挙運動中にジャーナリストの女性との不倫があったこと、選挙戦撤退の直後にその不倫相手との子どもが生まれていることなどが明らかになりました。夫婦は別居状態となる中、エリザベス・エドワーズは2010年12月に逝去しました。

 そのエリザベス夫人は『リジリエンス(癒し、回復)』という自伝的な手記を遺しています。そこには、長男の死と夫の不倫に対して自身が向きあって来たこと、その上で自分の死の予感とどのように折り合いをつけてきたかが几帳面な文体で、生々しく綴られているのです。

 そんなわけで、エドワーズは政治家としては完全に「死んだ」のですが、それだけでは済まないことになりました。というのは、2つの「重罪容疑」について連邦司法省から起訴を示唆されたからです。1つは「大統領予備選に際して不倫疑惑を否定し続けたことが虚偽申告に当たる」という罪状、もう1つは、愛人の存在を社会から隠すために愛人への生活費支給など多額のカネが動いたのですが、その出所の問題です。

 そのカネの出所ですが、ある大富豪の女性が資金提供していることが判明しています。アメリカの大統領選は収支の厳格な報告が求められているのですが、その資金提供に関しては記載されていないのです。つまり、違法献金ということです。金額的にも個人献金枠をはるかにオーバーした額が動いています。また仮に政治献金だとしても、これを愛人の隠匿工作に充当していたということは、これまた違法ということになります。

 この2点に関して、連邦司法省はエドワーズに司法取引を強く持ちかけました。最終的な条件は、「罰金+禁固6カ月」を呑めば弁護士資格の剥奪は見送るというもので、連邦としては最大限の譲歩だと言われたのです。ですがエドワーズと弁護団は昨年に和解条件を拒否し、罪状認否において「否認」を表明、ここにドラマは法廷へと持ち込まれたわけです。

 エドワーズが司法取引を拒否したのは、まだ14歳と12歳の下の子供たちを「シングル・ファーザー」として育てている養育責任を考えると収監はされたくないという理由でした。では、エドワーズ側に勝算があるのかというと、これは何とも分かりません。

 まず、第1の「ウソをついた」という問題に関しては「闘病中の夫人を傷つけたくなかった」という言い方で、それこそクリントンの「モニカ疑惑」同様に逃げ切れるという説もあれば、他でもない大統領選の権威から考えるとダメという説まで色々あります。エドワーズ本人は「自分は道徳上の罪(シン)は犯したが犯罪(クライム)は犯していない」という名ゼリフを吐いていますが、陪審がどう考えるかまだ分かりません。

 第2の問題については、この「愛人隠し」については選挙参謀のアンドリュー・ヤング氏という人物が深く関与していたわけですが、カネの流れについてエドワーズ本人がどこまで関与していたのかということが問われているわけです。

 いずれにしても、エドワーズの行為は最低の部類に属するものの、個別の人間ドラマに関しては故エリザベス夫人の手記に始まって、ものすごいリアリティがあり、メディアとしては否が応でも報道を加熱せざるを得ないというわけです。

 カギを握るのは何と言っても選挙参謀のアンドリュー・ヤング氏で、「愛人の存在を隠すことは選挙運動の最優先事項だった」という発言が飛び出しています。そのヤング氏の奥さんの証言「私のせいで(選挙の)何もかもをダメにするわけにも行かず、結局はウソ(愛人を隠したこと)と共に生きるしかなかったんです」というのも話題になりました。

 また、エドワーズの長女であるケイト・エドワーズさんが弁護士として父のそばを片時も離れない姿も印象的です。このプリンストン大学とハーバード法科大学院を卒業した才媛は、恐らくは心の奥には亡くなった母の思いを抱え込みながら、その母を最悪の形で傷つけた父を今は身内として精神的に支えているわけです。生々しい証言の際には涙を流す場面も目撃されていますが、「それでも父を支える」姿が注目されています。そのケイトさんは、5月16日に母の立場を代弁する主旨で証言台に立つそうです。

 まあ、話としてはそれ以上でも以下でもなく、仮に有罪になっても民主党のイメージなど政治的な影響はないと思われます。ですが、アメリカ人は、こうした生々しい人間ドラマを伴った法廷劇が大好きですし、ここまで転落しても「イケメン」の容貌だけは衰えていない(健康問題はあるようですが)エドワーズのTV映りもあって、結審までニュースでのトップ扱いは続きそうです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソ

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 2

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 3

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 4

    成人したら国外退去、中米の子供たちの末路

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    中国当局、国連が資産凍結した北朝鮮銀行幹部を核開発関連容疑で調査

  • 7

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 8

    米大統領選のテレビ討論会、過去最高の1億人が視聴か

  • 9

    トランプ当選の可能性はもうゼロではない

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 3

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    若者がクルマを買わなくなった原因は、ライフスタイルの変化より断然「お金」

  • 8

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 9

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 10

    中国獄中で忘れられるアメリカ人

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場