コラム

「中国ATM」から援助を引き出すパスワード

2017年02月28日(火)11時40分
「中国ATM」から援助を引き出すパスワード

<ダライ・ラマを招待しないと表明しただけで多額の援助を中国から引き出したモンゴル。中国政府から金を出させるには、「偉大なる中華」の権威を承認するだけでいい>

昨年11月、チベットの精神的指導者ダライ・ラマ14世がモンゴルを4日間訪問したことが中国共産党の不興を招いた。中国外務省はモンゴルにダライ・ラマを受け入れないよう求めたが、モンゴル仏教の指導者はダライ・ラマの訪問が全くの宗教目的であり、政治と無関係だと反論。共産党はこの説明を受け付けず、両国の外交関係は急速に冷却化した。2国間の会議は無期限延期となり、経済協力も一時停止した。

しかし共産党はモンゴルの存在を無視できず、経済危機のモンゴルにとっても中国の投資と貿易は重要だ。結局、モンゴルは共産党に屈服した。外務大臣のムンフオリギルはダライ・ラマ訪問の影響が宗教の範疇を超え、モンゴルと中国の関係に悪影響が生じたと認め、ダライ・ラマをモンゴルに招待しないことを受け入れた。現在の政権の任期内は、宗教の理由であってもダライ・ラマはモンゴルを訪問できなくなった。

この後、2月20日に中国の外務大臣である王毅は北京を訪れたモンゴル外相と会見。中国はあっさりと総額55億ドルに上るIMFの対モンゴル援助計画に参加することを表明した。中国の負担額は22億ドルだ。

ダライ・ラマを今後招待しないだけで、モンゴルが中国から22億ドルの気前良い援助を獲得したことを、中国のネット利用者は不満に思っている。中国の民衆はここ数年、ある国家が「1つの中国」あるいは「釣魚島が中国のもの」と認めるだけで、あるいはダライ・ラマ訪問を拒絶しただけで、政府がすぐに大量のカネを払ってきたことに気付いている。

共産党の対外経済投資・援助に対する考えは、中国古代の皇帝と何ら違いがない。周辺の小国が贈る貢ぎ物そのものの価値は重要ではなく、「偉大なる中華の国」のこの上ない権威を承認するだけで、皇帝から比類なく手厚い恩賞が贈られたのだ。

現在、もし共産党の手から巨額の援助を獲得したかったら、どうするべきか。簡単だ。まず海外で小島を買い、新国家を樹立。国家元首になって、共産党に対してお金を引き出すための「パスワード」を1つ1つテストするのだ。「1つの中国」「釣魚島は中国のもの」「ダライ・ラマを招待しない」......。「パスワード」が分かれば、彼らからいつまでも援助を引き出すことができる。

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

ニュース速報

ワールド

トランプ大統領就任から1年、全米各地で女性中心の抗

ビジネス

米政府閉鎖、20日も与野党の歩み寄りみられず 21

ワールド

米つなぎ予算が失効、政府機関が一部閉鎖 上院で合意

ビジネス

米政府機関閉鎖、トリプルA格付けに直接影響せず=フ

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 4

    アルツハイマー病に効く? 意外な薬

  • 5

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 6

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立…

  • 9

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 10

    激怒する韓国選手も 北朝鮮と平昌五輪統一チーム結…

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 9

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!