コラム

「やっちゃだめ」を全部やっちゃうトランプ大統領

2017年05月19日(金)18時15分
「やっちゃだめ」を全部やっちゃうトランプ大統領

アメリカ人はやってはいけないことをガンガンやるアウトローが大好きだけど、大統領がそれをやったら…… Kevin Lamarque-REUTERS

<トランプ大統領がコミーFBI長官を解任したことは、やっぱり大問題。立場や時期を考えずに、わが道を行くトランプは見ていて面白いけど......>

部屋に空気がこもっていると思ったら、普通は窓を開けていい。しかし、潜水艦の乗組員ならやめるべきだ。

アメリカンジョークっぽいたとえだが、世の中には、普通ならやっても全く問題のない行為でも、やる人によっては許されないことがいっぱいある。万国の常識だ。僕もタイミングや立場、世間体などを意識して行動することの大切さを、"空気読み大国"日本に来てから一層意識するようになったが、アメリカ人でもわきまえる力は元々持っているものだ。

でも最近、その能力が明らかに欠けているアメリカ人がいる。はい、お察しの通り、トランプ大統領だ。

まずは、FBI長官の解任。指令系統からはみ出して、司法省の規則を破り、異例の証言で大統領選挙に影響を与えた長官は解任してもいい。それは当然だ。大統領の権限だし、本来はやるべきことだろう。しかし、その長官が捜査している対象が大統領本人の場合、長官の解任はやってはいけないことだ。捜査をやめるよう圧力をかけた後ならなおさら、一番やってはいけないこととも言えよう。

ビル・クリントン大統領は捜査妨害で弾劾裁判にかけられた。リチャード・ニクソン大統領は捜査妨害で弾劾されそうになって辞任した。大統領にとって、捜査妨害に見える行為は一番危険ともいえる。トランプはそれをわきまえられなかったのか......どうかは分からないが、FBI長官に手を出したことは致命傷になるかもしれない。

【参考記事】「トランプ大統領はウソつき。」

CIAに関しても立場をわきまえていないようだ。もちろん、CIAを批判したり、その情報を疑ったりすることは国民の権利だ。むろん、存在もしない大量破壊兵器を口実にイラク戦争を起こした過去があるから、政府からの発表に関しては、多少疑った方が健全だと思う、本来は。

しかし大統領というものは、シリア、北朝鮮、ISIS(自称イスラム国)などなどの対策を決定する立場にある。あらゆる情報・諜報に基づいて、軍事行動を決めなければならない日が必ず来る。そして、CIAからの情報を使って国民や外国を説得しないといけない。ゆえに、平時にその情報源の信憑性を損なうのは自分の首を絞めることとイコール。つまり、これも大統領がやってはいけないことになる。

裁判の判事やメディアを批判するのも、一般人ならやっていい。もっと言えば「メディア・裁判バッシング」はアメリカ人の趣味かと思われるぐらい、みんなが毎日していることだ。盛り上がるし楽しいよ、本来は。しかしメディアも含めて「4権分立」といわれ、抑制と均衡によって権力乱用を防ぐ、アメリカ政治の基礎となる制度の下で働く大統領なのだから、その批判も我慢しないといけない。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

フロリダ州の死亡事故、タカタ製エアバッグが原因の公

ビジネス

ドル上昇、米経済指標受け持ち直し=NY市場

ビジネス

ダウ最高値更新、S&P・ナスダック反落 ハイテクや

ビジネス

米、国境税導入見送りを決定=共和党指導部

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ジャスティン・ビーバー 外国で激怒された6つの御乱行

  • 2

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された子供たちは...

  • 3

    トランプ大統領、トランスジェンダーの米軍入隊を禁止へ 訴訟の恐れも

  • 4

    モスル奪還作戦、写真で見るISISとの戦いの恐怖

  • 5

    シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本

  • 6

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 7

    スーツはおしゃれの道具じゃない、「細身」では信用…

  • 8

    セッションズ司法長官をクビ!にトランプ支持層が激…

  • 9

    日本製武器の世界での競争力は

  • 10

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 7

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 8

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 9

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 10

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 9

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!