コラム

iPad Proのミッシングリンクを埋める小さなアクセサリ: Quarter

2016年03月24日(木)16時00分
iPad Proのミッシングリンクを埋める小さなアクセサリ: Quarter

iPad ProをApple Pencilと合体する小さいながらきわめて便利なアクセサリ:Quarter

iPad ProとApple Pencilは、相性がとても良いが・・

 日本時間の3月22日未明、アップル恒例の春の新製品発表会が行われ、iPod Proにこれまでの12.9インチモデルに加えて9.7インチモデルが加わった。9.7インチといえば元々のiPadのスクリーンサイズであり、新モデルは高い性能と持ち運びのしやすさを両立させたといえる。

 ちなみに筆者も12.9インチのiPad Proのユーザーで、逆にこのスクリーンサイズが気に入っているが、人によっては大きすぎると感じるのも確かであり、追加されたニューモデルはそうした人たちに大いにアピールするだろう。

 さて、iPad Proの特徴の1つに、Apple Pencilと呼ばれるペンシル型の入力装置に対応していることが挙げられる。これは、筆圧はもちろん、傾きも検知して描画に反映させることができ、映画「トイ・ストーリー」などの監督を務めて現在はディズニーとピクサー両アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるジョン・ラセターも「デジタルの世界で実際の紙に描くのに最も近い」体験が得られると絶賛するほどである。

 ところが、iPad ProとApple Pencilは、相性がとても良いにもかかわらず、1つ問題を抱えている。それは、Apple Pencilがオプション扱いなこともあって、iPad Pro本体と一緒に持ち歩く方法が用意されていないという点だ。つまり、スケッチブックと鉛筆の関係と同じように、Apple Pencilは別のペンケースなどに入れて持ち歩かねばならない。

これでiPad ProをApple Pencilと合体して持ち運べる

 この問題を解決すべく、サードパーティの中にはApple Pencilを取り付けられるプロテクトカバーなどを開発・販売しているところもあるが、あいにく筆者はSmart Keyboardという純正のキーボード一体型のカバーを利用しており、それ以上のケースなどは装着しない主義だ。

 しかし、似たような不便を感じる人が多かったようで、このiPad ProとApple Pencilの間にあるべきミッシングリンク(本来は、進化の過程で存在していたはずなのに未発見の化石生物を指すが、ここでは、2つの異なるアップル製品をつなぐべきもの、の意)的なアクセサリを自力で開発した会社があった。

 スティールコネクトというその会社が、クラウドファンディングを利用して実現したそのシリコーン製アクセサリはQuarterといい、iPad ProのLightningコネクタ用のスロットを利用して取り付ける。そして、Apple Pencilを差し込む穴を変えることで、携行時から利用時、充電時まで異なるポジションでホールドできるようになる。

 Apple Pencilは、キャップを外してLightningコネクタに差し込むことで、それ自体の充電ができるようになっているので、その際にキャップをなくさないように付けておける工夫もある。

 もちろんiPad Proは、指先でのタッチでもこれまで通りの使い方は問題なくできるわけだが、Apple Pencilがあれば描画時などの表現力が大きく向上する。アップルが、どうしてApple PencilをiPad Proに合体して持ち運べる方法を用意しなかったのか不思議だが、Quarterは地味ながら欠かせない相棒のような存在なのだ。

スティールコネクト社がクラウドファンディングを利用して実現したそのシリコーン製アクセサリ。


2.jpg

移動時はこの形で


5.jpg

ペンのチャージをする時はここに

プロフィール

大谷和利

テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

ニュース速報

ビジネス

日航社長、先行投資「17年度に集中」 中間配当導入

ビジネス

キリンHD、1―3月期は45%営業増益 会社計画を

ビジネス

ヤマト、基本運賃を最大180円値上げ 今期取扱量8

ワールド

インタビュー:トランプ氏、北朝鮮と「大きな紛争」の

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 2

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくすぶる核攻撃の火種

  • 3

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環球時報を読み解く

  • 4

    北朝鮮危機のさなか、米空軍がICBM発射実験

  • 5

    北朝鮮の脅威増大、必要あれば空母から2時間で攻撃=…

  • 6

    イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だ…

  • 7

    「空飛ぶ自動車」いよいよ発売、課題は大衆化

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 8

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 9

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 10

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 10

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!