コラム

ウィキリークス・レイプ疑惑の真相とは

2010年09月10日(金)14時35分

 アフガニスタン戦争の関する米軍の機密文書を公開して注目される内部告発サイト「ウィキリークス」の共同創設者ジュリアン・アサンジに持ち上がったレイプ疑惑。当サイトでも報じている通り、一旦逮捕状を取り下げたスウェーデン検察が、9月に入って再び捜査を始めることを発表した。

 ウィキリークスが、まだ公開していない米軍の機密情報を暴露する予定でいたことから、ネット上ではCIA(米中央情報局)や米国防総省の妨害工作ではないかと話題となった。疑惑の人アサンジも「何者かの陰謀」論を唱えている。

 ただ情報機関の陰謀にしては、余りに稚拙に感じられる。少し時間が経ってしまったが、英タブロイド紙「デーリー・ミラー」が「被害女性2人の警察への供述書にもとづく事件の経緯」を掲載している。同紙は地元スウェーデンのメディアを通じてこの供述書を入手したと説明している。もちろんタブロイド紙なので、信憑性はその分差し引かなければならない。

 記事によると、事件の概要は以下の通りだ。

≪女性A≫
 今年8月11日、アサンジはスウェーデンの社会民主党が14日に開催する講演会に出席するためにストックホルムに到着。党職員の20代の女性Aさんは、アサンジの講演会やスウェーデンでの就労ビザ申請の手続きのサポートを担当していた。

 Aさんはストックホルムの自宅アパートに滞在するようアサンジに「申し出て」、アサンジの滞在中は実家に帰る予定だった。しかし前日になって「講演会の準備の作業量が多いことに不安を感じて」アパートに帰宅。アサンジと一緒に食事に出掛け、2人はその夜、関係を持った。

 行為中にコンドームが破れるハプニングがあり、Aさんはアサンジが「わざとやったと思った」が、アサンジは故意ではないと主張した。

≪女性B≫
 その14日の講演会に、アサンジ目当てで参加したのがBさん。テレビでインタビューを受けるアサンジを見て「一目惚れ」し、講演会にやって来た。当日はアサンジの目をひくようにショッキングピンクの上着を着て、最前列に座った。

 講演会でアサンジは90分間に渡って「戦争の一番の犠牲者は真実」というテーマで熱弁をふるう。終了後会場の外で待ち構えていたBさんは、取り巻きと共にランチに出掛けるアサンジに合流。その後アサンジと2人で一緒に映画を見に行ったが、その日はアサンジがパーティーに出席するために別れた。

 翌日、Bさんはアサンジの携帯にかけるが連絡が付かない。その次の日にようやくアサンジと連絡が取れたBさんは、アサンジの意向に従ってアサンジを郊外の自宅に連れてくる。しかし一緒に列車に乗っていた45分間、アサンジはパソコンやメールに没頭。Bさん曰く「情熱はすっかり消え失せてしまったようだ」。

 その後の経緯は供述調書のほとんどが黒塗りされていて不明だという。捜査関係者によると、「Bさんはコンドームを着けるようアサンジに言ったが、アサンジはそうしなかった」。

 翌日、Bさんはアサンジと一緒に朝食を食べて別れた。その後アサンジからは何の連絡もなかった。

 性感染症や妊娠の恐怖にかられたBさんは、講演会で見かけたAさんに連絡して状況を説明。共にアサンジの「魅力の犠牲者」になったことを認識した2人は意気投合して警察へ乗り込み、アサンジを告訴したという。

 一方のアサンジは女性2人と関係を持ったことは認めた上で、「双方の合意に基づかない性行為はしていない」と、容疑を否認しているという。

 Bさんに関する黒塗りの部分がおそらくレイプ容疑の核心となるため、この経緯から事件がレイプにあたるかどうか判断することはできない。しかし日本の常識で考えれば、レイプどころかわいせつ行為にすら問えないという印象を受ける。同時に、情報機関が仕掛けた巧妙な事件でもなさそうだ。

――編集部・知久敏之

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ダンスケ銀行とバークレイズ、ECB利下げ見通しを修

ワールド

EXCLUSIVE-プーチン大統領、ウクライナ停戦

ビジネス

米耐久財受注、4月は0.7%増 設備投資の回復示唆

ビジネス

米ミシガン大消費者信頼感、5月確報値は5カ月ぶり低
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目の前だ

  • 2

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 3

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 8

    テストステロン値が低いと早死にするリスクが高まる─…

  • 9

    日本を苦しめる「デジタル赤字」...問題解決のために…

  • 10

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story