最新記事

インドネシア

女子生徒13人をレイプし妊娠させた教師に死刑判決

2022年4月6日(水)11時55分
佐藤太郎

ヘリー・ウィラワン KOMPASTV-YouTube

<被害者のある親族は「我々は当初、終身刑と化学的去勢による処罰を望み、彼が自分の犯罪による痛みを味わわせられるようにしたかったが、死刑は正義だと思う」>

インドネシアで3月5日、西ジャワ州の州都バンドンにあるイスラム寄宿学校の生徒13人をレイプし、少なくとも8人を妊娠させたとして有罪判決を受けた元教師に死刑が宣告された。

昨年発覚した、インドネシア人の元教師ヘリー・ウィラワン(36歳)による少女13人へのレイプ事件。昨年5月に被害者の1人の両親が自分の娘が妊娠していることに気付き、2016年以来続いていた数々の蛮行が明らかになった。

被害者はまだ子どもの11〜16歳の少女で多くは貧しい家庭の出身で奨学金をもらい通学している女子生徒だったという。ウィラワンによる強姦で8人が妊娠し、子供が9人生まれている。宗教教師ともあろうウィラワンのおぞましい所業にインドネシア中が揺れた。

凶悪性ゆえに検察側の求刑は、被告の化学的去勢と死刑。被告は、子育てのために子供から離れたくないと言っていた。結局、今年2月にバンドン地方裁判所が下した判決は、終身刑だった。これを不服とした検察側は死刑と化学的去勢を要求し上訴していた。

最後の死刑執行は2016

月曜日に西ジャワ州バンドンの高等裁判所のウェブサイトに掲載された裁判官の声明には、「我々は検察側の控訴を受理する」と書かれていた。

"我々はここに被告を死刑に処する"

この時、ウィラワン被告は上訴のために法廷にいなかったという。

被害者の親族はAFPに対し、月曜日の判決は被害者に正義をもたらしたと語った

被害者の1人の叔父というヒドマト・ディジャヤ氏は、「私たちは当初、彼が罪を犯したことによる痛みを感じてほしいという思いから、終身刑と化学的去勢を望んでいました」「しかし、私たちは死刑判決が正義を表しているとまだ感じています」

ただ、インドネシアは数年間死刑執行が行われていない。最後の既知の死刑執行が2016年に行われて以来は延期されている状態で、ウィラワンへの実際の処遇が気になるところだ。

このレイプ事件は国民的な怒りを呼び起こし、性犯罪に対抗し、夫婦間レイプを含めて被害者に正義を提供することを目指す、「性暴力の排除」に関する法案を承認するよう国会に対する圧力を強めた。

バンドンでのレイプ事件は、インドネシアの教育制度における性的虐待の問題にもスポットライトを当てている。昨年、児童保護委員会に報告された18件のうち14件は、イスラム系の寄宿学校で起きている。同国には2万5,000以上のイスラム寄宿学校があり、500万人近い生徒が寮で暮らしながら勉強している。


<関連記事>
病院の集中治療室にいた4歳の少女を5人で集団レイプ
電車内のレイプを米通勤客は見て見ぬふり それどころかスマホ撮影も

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

台湾の頼総統、中国軍事演習終了後にあらためて相互理

ビジネス

ロシア事業手掛ける欧州の銀行は多くのリスクに直面=

ビジネス

ECB、利下げの必要性でコンセンサス高まる=伊中銀

ビジネス

G7、ロシア凍結資産活用は首脳会議で判断 中国の過
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 7

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 10

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 4

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 7

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 8

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中