Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.11.14号(11/ 7発売)

特集:トランプのアジア戦略

2017年11月14日号(11/ 7発売)

Cover Story

アジアを初訪問するトランプ大統領── アメリカは台頭する中国にどう向き合うのか?

米外交 トランプの新戦略はアジアを変えるか
日米関係 トランプお友達作戦で安倍さん大丈夫?
アジア 日米同盟の不確かな未来
視点 対中戦略を改める好機を生かせ

米企業でセクハラが続く訳

米社会 ハリウッドだけじゃない女性蔑視の文化と法律の不備
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES NYテロとISISの微妙な関係
UNITED STATES FRB議長交代の不安要素
RUSSIA シリア内戦でロシア軍の宇宙進出が加速
ITALY ベルルスコーニに爆破関与疑惑再び
CAMBODIA 中国に強制送還される台湾人犯罪者
IRAQ 住民投票で独立が遠のいたクルド
TERROR 劇場型テロで広がる「テロ疲れ」
KENYA 泥沼ケニア大統領選は再選挙でも暴動が
SECESSION 独立運動が世界を包囲する
Asia
SOUTH KOREA 中韓雪解けの高い代償
CHINA 党大会が終わっても中国ネットは冬の時代
U.S. Affairs
米国民はロシア疑惑に関心なし?
米共和党の金持ち減税プラン
【FEATURES & ANALYSIS】
ロシアゲート 捜査当局が仕込んだ隠し玉の破壊力
スペイン カタルーニャ「殉教戦略」の嘘
米社会 罰金地獄で運転ができない
東南アジア 大河に伸びる中国の触手
環境 野生動物が消える野生王国インド
テクノロジー 戦争被害者とVRでリアルに対話
科学 絶滅したマンモスがクローンで蘇る 【LIFE/STYLE】
Parenting イクメン夫を見分ける6つの条件
Design ハイヒールは性差別? エモジ論争の不毛
Movies 「動く油絵」でゴッホの死に迫る異色作
Movies トム・フォードが開いた新境地
Movies リアルな一夜の逃亡劇『グッド・タイム』
Travel ノートPCが預け入れ禁止に?
Music 「ノエルに謝ることなんて何もない」 【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 外国人のための共産党大会講座
Picture Power 終わらない紛争 カシミールの苛酷

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 5

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 6

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 7

    「ネコとの生活が小児喘息の発症リスクを軽減する」…

  • 8

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 9

    核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    【韓国侵攻】北朝鮮軍は数で米韓軍を圧倒する

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    米空母3隻と自衛隊が共同訓練、米軍の士気高い

  • 10

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!