コラム

大人気の台湾旅行、日本人が知らない残念な話

2017年01月31日(火)12時08分
大人気の台湾旅行、日本人が知らない残念な話

RichieChan-iStock.

<年始に台湾旅行に行った。アジアの情緒があるからと日本人は受け入れているようだが、環境意識は低く、有名レストランですら清潔とは言いがたく、サービスも日本と比べて......> (観光地の九份は上のアングルの写真で有名。確かに美しい街並みだったが、一体どこに行けばこのような写真を撮れるのか、私にはわからなかった)

 こんにちは、新宿案内人の李小牧です。今回は台湾について取り上げたい。

 今年の年始に妻と息子と3人で台湾旅行に行った。私にとっては2回目の訪問だが、前回は2008年の総統選取材だったため、観光はまったくしていない。今回は家族とともにたっぷり観光を楽しんだ。

 しかも今回は、若者のようなケチケチ旅行にチャレンジしてみた。飛行機はLCC、ホテルも格安だ。2泊4日の旅行(帰りは機中泊)で総費用は10万円程度。この金額で家族3人が正月休みを堪能できるのだからともかく安い。

 桃園国際空港に到着後、まず向かったのは九份。映画『千と千尋の神隠し』のモデルになったのではとも噂される、美しい街並みの観光地だ。その後は台北市に行き、故宮博物院やら中正記念堂、鼎泰豊(小籠包で有名なレストラン)など、台湾初心者なら必ず行くコースを回ってみた。

 ビジネスや視察、取材で各地を飛び回っている私にとって、普通の観光旅行は逆に新鮮だった(笑)。

 とはいうものの、ついついジャーナリスト魂がもたげてしまい、あれこれ観察してしまう。まず気になったのが中国人観光客の少なさだ。昨年5月の蔡英文総統就任以来、中国からの旅行ツアーは減少傾向にある。おかげでどの観光地も人が少なく快適に観光できた。

 2014年に東京・上野の東京国立博物館で特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」が開催されたが、私はあの時、国宝と呼ばれる翠玉白菜(虫がとまった白菜の形に彫刻されたヒスイの芸術品)を見るために半日も行列に並んだ。それが今回、故宮博物院ではたった5分の待ち時間で見られたのだ。

 費用が安くて、すいている。しかもインフラの充実ぶりやマナーでも先進国とさほど変わらず気軽に旅行できる。なるほど、日本で台湾旅行人気が高まるのも納得だ。

 実際、台湾が大好きなのは日本人だけではない。中国のネットを見ると「台湾はすばらしい。民主主義を実現しているではないか。中国人だって民主主義の担い手になれるのだ」「台湾のマナーは先進国に負けていない。民度を決めるのは民族性ではない。教育なのだ」などなど、台湾を絶賛する言葉が少なくない。

 勘のいい人ならばお気づきだろうが、これらの褒め言葉は中国共産党に対する痛烈な批判となっている。中国流のあてこすりだ。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ワールド

オバマケア代替法案に与党内で修正論、無保険者増に難

ワールド

米韓首脳会談、トランプ氏は貿易不均衡是正要請へ=米

ビジネス

アングル:伊銀の不良債権処理はこれから、2行清算で

ワールド

米大統領「大きな驚き目の当たりに」、オバマケア代替

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 2

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 5

    米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者…

  • 6

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 7

    ベネズエラ、警察ヘリが最高裁と内務省を攻撃 大統…

  • 8

    地方学生が抱える奨学金ローンの破綻リスク

  • 9

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 10

    ゲーセンがVR(バーチャルリアリティー)で華麗に復活

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!