コラム

いま中国の企業家や投資家が知りたい3つのこと

2016年11月22日(火)15時43分
いま中国の企業家や投資家が知りたい3つのこと

写真提供:筆者(すべて)

<中国での知名度が高まり、番組出演や講演、ビジネスの依頼がひっきりなしに寄せられて多忙を極めている。来日当初は歌舞伎町で客引きをしていた男が、である。せっかくなので今回は「李小牧人気の秘密」をお伝えしよう。そこから皆さんも中国に食い込むヒントを得られるかもしれない> (上写真:海南島の「EO」中国大会で講演をする筆者)

 こんにちは。新宿案内人の李小牧です。私がプロデュースする新宿歌舞伎町の湖南菜館には、「会いたい! 記念写真を撮りたい!」というファンの人が毎日のようにやって来てくれる。ありがたい話なのだが、最近では店を空けていることが多く、申し訳なく思っている。

 店にいられないのはともかく忙しいためだ。4月21日付のコラム「選挙に落ちたら、貿易会社の社長になれた話」で紹介したとおり、昨年、新宿区議選に出馬したことをきっかけに、中国で私の知名度は一気に高まった。

 テレビやネット番組の出演が増え、それを見た投資家や企業家から「ぜひ一緒にビジネスを!」と話が持ち込まれるようになり、噂を聞いた大学や団体から講演の依頼が相次ぐ......といった具合で、雪だるま式に仕事が増えているわけだ。まだお話しできない大きなプロジェクトもいくつか進行している。皆さんに紹介できる日が楽しみだ。

 そんなこんなで毎月中国に出張し、いくつもの都市を飛び回る生活を続けている。日本にいても中国の著名人や企業家との面談がひっきりなしだ。先日など北京で大人気ネット番組「圓卓派」を収録した後、帰国し、羽田から新宿のかに道楽に直行(日本にしかない魅力が詰まっているかに道楽は外国人に大人気だ。この時も店内は外国人観光客で満員。なかなか予約が取れない人気店となっている)。40人もの上海企業家訪日団との交流会に参加した。いやはや、さすがに疲れた。

「なのでなかなかコラムを書けなくてね......」とニューズウィーク編集者のMくんに言い訳をしていたところ、こんな質問を受けた。

「なぜ李さんはそんなにまで中国で人気なんでしょう? 元・中国人だから? 中国で人気者になる秘訣などあるんでしょうか?」

 いい質問だ。そういうわけで今回のコラムは「李小牧人気の秘密」についてお伝えしたい。私の人気には、クラシックバレエで鍛えた肉体や夜の街に立ち続けたことで生まれた色気という要素も大きいと思うのだが(笑)、ここでは他の人も模倣できるような一般的な話にしておこう。

若手起業家の世界的ネットワーク「EO」でプレゼン

 11月11日、私は「中国のハワイ」と呼ばれる海南省の三亜市にいた。若手起業家の世界的ネットワーク「EO」(Entrepreneurs' Organization、起業家機構)の中国大会に、プレゼンテーターとして招かれたためだ。聴衆は8割が中国の起業家たち。残る2割が世界各地から集まってきた起業家だ。講演は英語やフランス語に同時通訳された。

 結果、私の講演は大成功。多くの質問が寄せられて予定時間をオーバーしたほどだった。もっとも、特段凝った内容を話したわけではない。身ひとつで日本に乗り込み、ビジネスを成功させたという人生だけが私の財産だ。講演といっても過去の体験を話すことしかできない。もちろん一般の人には想像もつかないような刺激的な人生ではあるが。

lee161122-2.jpg

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

独VW、17年のグル―プ販売台数は4.3%増 トヨ

ビジネス

インタビュー:単独で買収できないM&A案件、難易度

ビジネス

M&A、ビジネスに適合・リターン見込めるなら積極的

ビジネス

トヨタ「自社基準満たす」と最終確認、神鋼製品使った

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 2

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20年で肉声公開へ

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 8

    金正恩は「いいやつ」「小柄で太めなのにバスケが上…

  • 9

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 10

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 10

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!