コラム

<3分解説>大阪万博「建築許可」一番乗りのチェコ共和国...ロボットの語源、チェコ語の原義は?

2023年10月17日(火)09時25分
チェコ共和国のプラハ歴史地区

チェコ共和国のプラハ歴史地区(写真AC)

<「世界一美しい町」があるチェコ共和国。日本でもおなじみの、あのビールの発祥の地でもある>

新型コロナウイルスの流行も収まり、アフターコロナでインバウンド・アウトバウンドともに旅をしたい人々が世界にはあふれる。そうした中、日本は2025年大阪・関西万博の開催を控え、国際理解、多文化共生の機運が高まっている。世界各国から150を超す国・組織が既に参加を表明。「そんな国あったんだ」と驚くこともあるだろう。各国パビリオンの目玉の展示はなにか。世界中の珍しい装飾品や民芸品、美味しい食べ物が一堂に会するまたとない機会だ。連載では、参加表明をしている各国を、手軽にさくっと理解できるように紹介していく。

チェコ共和国の国旗 チェコ共和国

大阪・関西万博の開催まで1年半ほどとなる中、外国のパビリオンの建設の遅れが指摘されている。そうした中、9月19日に参加国として初めて建築許可の正式な申請書を大阪市に提出し、話題となった国、チェコ共和国。聞いたことはあっても、行ったことがある人はそう多くはないだろう。

「世界一美しい街」があるとも言われるチェコの魅力や特色を3分で紹介する。

チェコ共和国の地図(写真AC)

概要

面積:7万8,866平方キロメートル(日本の約5分の1)

首都:プラハ

人口:1,051万人/2022年3月現在、チェコ統計局

一人当たりGDP:2万6,410ドル(2021年、IMF)

略史

1918年 第一次世界大戦後、チェコスロバキア共和国成立
1938年 チェコスロバキア共和国崩壊
1945年 第二次世界大戦後に独立回復、(48年)共産主義体制確立
1968年 民主化運動「プラハの春」、ソ連による弾圧
1989年 民主革命(「ビロード革命」)で共産主義体制終結
1993年 スロバキアと平和裡に分離・独立
1999年 NATO加盟
2004年 EU加盟

過去の万博

2020年ドバイ万博:「チェコの春」がテーマ。空気中の水蒸気を抽出することにより肥沃な土地が生まれる様子に感動してください。この技術の偉業は、太陽エネルギーとチェコの革新的な技術のみを使用しています(紹介文をChatGPTで翻訳・要約、加筆)

2005年愛知万博:コンセプトは「いのちの芸術」。現代社会の中で、言葉を超えて感情を表すことができる共通の言語として芸術を捉えた。「ファンタジーと音楽の庭園」と銘打ち、音楽や映像を駆使

1970年大阪万博:チェコスロバキア社会主義共和国として「チェコスロバキア館」を出展。テーマは「人類が求めるよりよき未来の道」

特産品

ボヘミアングラス:チェコ西部のボヘミアの名産

ボヘミアングラス

ボヘミアングラス(写真AC)

チェコビール:チェコは「ピルスナービール」発祥の地

プロフィール

くらふと

主に小中高生向けに異文化理解や世界の諸問題に関するワークショップなどの活動を行う東京外国語大学のボランティアサークル。(協力:南龍太)
Instagram:@tufs_kraft
X:@TUFS_KRAFT

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米鉱工業生産、5月製造業は0.9%上昇 予想上回る

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story