コラム

敗北はほぼ確実? 「何も成し遂げていない」英スナク首相、それでも早期解散せざるを得なかった理由

2024年05月23日(木)15時57分
早期解散を表明した英スナク首相

党の集会に出席したスナク首相(5月22日) Isabel Infantes-Reuters

<英総選挙は秋以降との見方が有力だったが、スナク首相は「今こそ英国は未来を選択する時」と7月4日の実施を表明した>

[ロンドン発]リシ・スナク英首相は5月22日、首相官邸前で演説し「今こそ英国が未来を選択する時」と7月4日に総選挙を行うと表明した。5月上旬の世論調査では最大野党・労働党が与党・保守党を30ポイントもリードしており、政権交代は不可避の情勢だ。

「わが国の経済はドイツ、フランス、米国を上回り、誰もが予想していた以上のスピードで成長している。そして今朝、インフレ率が正常に戻ったことが確認された。これは住宅ローン金利が低下することを意味する」とスナク首相は力説した。

国際通貨基金(IMF)は今年の英国の成長率予測を0.5%から0.7%に引き上げ「英国経済はソフトランディングに近づいている」と発表したばかり。来年は1.5%成長を見込む。「IMFは今後6年間の成長率は欧州のどの国よりも高くなると予測している」(ジェレミー・ハント財務相)

この日朝、インフレ率の2.3%への低下が発表されたものの、予想を上回り、6月に英中銀・イングランド銀行が利下げするシナリオは遠のいた。コロナ危機、過去40年間で最高の11.1%に達したインフレの暗黒トンネルを英国経済は抜け出しつつある。

首相演説をかき消したニューレイバーのテーマソング

スナク首相は「労働党にはプランがない。大胆な行動がない。労働党政権の未来は不確かなものにしかならない。7月5日にキア・スターマー労働党党首か、私のどちらかが首相になる。スターマー氏は権力を手に入れるためなら安易な道を選ぶことを何度も示してきた」と攻撃した。

スナク首相はだんだんひどくなる雨でずぶ濡れになった。首相官邸の外では活動家たちが、トニー・ブレア首相誕生時のニューレイバー(新しい労働党)のテーマソング「Things Can Only Get Better」(D:Ream)を最大音量で流し、スナク首相の演説はかき消された。

ブレア氏のようなカリスマ性がないスターマー党首は「保守党の混乱が英国経済にダメージを与えた。労働党への投票は政治の安定をもたらすチャンスだ。保守党にあと5年与えても事態は悪化するだけだ。英国はもっといい国になるべきだ」とやり返した。

欧州連合(EU)強硬離脱派を源流とする右派ポピュリスト政党「改革英国」が最大15%の支持率を集める。保守層は保守党と改革英国に分裂している。敗北が確実視されるにもかかわらず、来年1月まで総選挙を先延ばしできるスナク首相はなぜ早期解散を決断したのか。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

UBS、中国証券合弁会社の一部株式売却へ クレディ

ワールド

豪州の電子たばこ規制、世界初の処方箋の取得義務付け

ワールド

米学生ローン減免措置、新規手続き差し止め 2州で判

ワールド

中国製EVは世界の供給に貢献、李首相が表明 夏季ダ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story